売上を上げるノウハウはあるのか? 3~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

売上を上げるノウハウはあるのか? 3

blogcopy4


売上を上げるノウハウはあるのか? 3


成功する人をモデリングする。


日産自動車で16年間トップセールスマンの座にあり続けた人物
奥城良治氏。


その4つの秘訣のうちの1つ目がモデリング。
前回はそのようにお話しした。


独学で学ぶには時間も労力もかかる。
それをモデリングが最短距離で前進させてくれる。


偉大な人物は必ずと言っても良いほど、
偉大な先駆者のモデリングをしている。
歴史上の人物を見てもそうだ。
彼ら自身は「モデリング」という言葉を知らないとしても、
実際にやっていることはモデリングだ。


先駆者、先輩を師とし、彼らから多くのことを学んでいく。
先駆者、先輩が人生をかけて学んだことを時間をかけずに吸収していく。


人は自分の環境からでさえ影響を受ける。
素晴らしい環境であればあるほど、素晴らしくなる。
そうでない環境であればあるほど、そうでなくなる。
これは残念ながら、事実だ。
逆境から這い上がる方もいるが、それには多大な労力が必要になる。


環境でさえ影響を受けるのだから、自分がモデリングをすると決めた方からの影響は当然大きい。


さて、今回は奥城氏の2つ目の秘訣をお話しして行く。


それは


「露出」


このブログではこれまでも何度もお伝えしていることだ。


いかに商品が素晴らしくともそれを伝えなければその商品は伝わらない。
露出されなければ、商品の存在は顧客に伝わらないのだ。


営業マンの方であれば、顧客のところに行かなければ、商品どころか営業マンの存在さえ伝わらない。


露出せずに売れるわけがないのだ。


「売れない」と言うケースは必ずしも商品が売れないわけではない。
商品は素晴らしいのに売れていないことがある。


購入した顧客に商品についての調査をさせていただくと、
「素晴らしい」と答えている。
どこからどう見ても、好かれているのだ。
でも、売れない。
そのような場合、露出がされていない可能性が高い。


重要なのは顧客と接触することだ。
見てもらうことだ。


実際に訪問するだけではない。
メール1つでも構わない。
あらゆる手段、あらゆる方法で顧客と接点を持つのだ。


会社員時代


私は以前、金融機関のダイレクトマーケティング部の管理職だった。
当時、様々な企業から売り込みのメールを頂戴していたが、
優秀な営業マンの方はメールも違う。


圧倒的に多い。


様々な内容のメールが来るのだ。
売り込みだけではない。
些細なことにも気をくばり、気を使ってくれる。


そのような方に悪い気持ちなど起きるわけがない。


そして、次第に自分の心の中でそのような営業マンの方の地位が高まってくる。


実際に訪問される時にはその方に対して好意を持っているのだ。
営業マンの方は会う前から「売れる環境」を作っているとも言える。


でも、売れない営業マンは違う。
メールは一通も来ない。
忘れた頃に電話がかかってきて「訪問したい」と言う。
当然、「売り込みか」と思ってこちらは構える。
最初から「売れない環境」を作っているのだ。


あらゆる手段を活用し、露出を高めることだ。
これは商品を伝えるだけではない。
「売れる環境」を作る意味でも重要なのだ。


そして、これはネットビジネスだけでもダイレクトマーケティングだけでもない。
リアルの営業現場でも同様に重要なことだ。


blogcopy2
[ 2012/06/22 14:29 ] 売上増大 | TB(1) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1283-c23f13dd


まとめtyaiました【売上を上げるノウハウはあるのか? 3】

売上を上げるノウハウはあるのか? 3成功する人をモデリングする。日産自動車で16年間トップセールスマンの座にあり続けた人物奥城良治氏。その4つの秘訣のうちの1つ目がモデリング。前回はそのようにお話しした。独学で学ぶには時間も労力もかかる。それをモデリン...
[2012/06/23 12:07] URL まとめwoネタ速neo











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。