「強み」にこだわった結果~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「強み」にこだわった結果

blogcopy4


「強み」にこだわった結果


前回、お話ししたリック・ピティーノ監督


米国のバスケットボールの監督であり、
ケンタッキー大学を全米学生選手権で優勝に導き、
その後、NBAでもニューヨーク・ニックスのヘッドコーチ、
名門ボストン・セルティクスのヘッドコーチなどの経歴を持つ方だ。


その彼が重視しているのは「自尊心」
そう前回お話しした。


そして、もう1つ重視しているのが


「強み」


その「強み」にこだわる例として彼があげているのが、
デニス・ロッドマン
全身タトゥーだった非常に派手なバスケットボール選手だ。


全身タトゥー
派手な頭。
どうしてもそちらに目が行きがちだが、
ご存知のとおり、NBA歴代屈指の選手だった。


彼の「強み」は
まさに


リバウンド


彼は高校2年生の時にはバスケットの代表にも入れず、まさに挫折していた。
しかも、万引き、ホームレスと悲惨な日々を送っていた。


それがリバウンドにこだわりはじめてから変わる。
強みにこだわり、
1985年、86年とリーグでリバウンド首位になり、
NBAチームに知られるようになる。


当時は
得点するよりもリバウンドに快感を感じていたということだ。


後に、あのシカゴ・ブルズでロッドマンは、マイケル・ジョーダン、スコッティ・ピッペンとともに最強のトリオとして史上最高チームとして快進撃を遂げる。


2011年4月4日 ネイスミス・メモリアル・バスケットボール殿堂入りが決定。
その栄誉が称えられた。


仮に


ロッドマンが苦手なオフェンスにこだわっていたら、
このような人生はなかっただろう。


シュートもフリースローも苦手だったのだ。
それを改善しようと努力し、マイケル・ジョーダンのような選手になろうとしても無理だっただろうし、ましてや殿堂入りするような選手になることはなかっただろう。


強みである「リバウンド」にこだわるように
練習したからこそ、偉大な選手になったのだ。


Wikipediaには次のように書かれている。
彼は自分のチームのシューティング練習中には、もっぱら自分で練習することはせず、チームメイトのシュートを観察していたという。
これにより、リバウンド方向の「クセ」を学習していたらしい。


「弱み」にこだわっていたら、
このようなことはしなかっただろう。


シューティング時間に弱みのシュートを練習してしまったはずだ。
「強み」にこだわったからこそ、
シューティング時間にリバウンドの練習をしてきたのだ。


「強み」にこだわり
「強み」を努力で磨き上げたからこそ
彼は人生を素晴らしいものにし、NBAでも偉大な選手になったのだ。


最後に動画をご紹介する。
デニス・ロッドマンが34リバウンドを成し遂げる動画だ。
(この当時はタトゥーもないし、派手ではないが)


動画のコメントには
「これは地味に見えるけど、34回攻撃の回数が増えることだから、凄いことです」
とあったが、まさにその通りだと思う。





blogcopy2
[ 2012/07/15 14:40 ] 人物 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1306-6f346eb9













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。