最も偉大なプレーヤーの成功の秘訣~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最も偉大なプレーヤーの成功の秘訣

blogcopy4


最も偉大なプレーヤーの成功の秘訣


前回、前々回と「自尊心」「強み」の話をしてきた。


「自尊心」


自分を信じること。
これが全ての土台だ。


断言できるが、
「できない」と思っていることは
ほとんど「できない」


自分に自信がないのだから、
努力も行動も中途半端。
そのための技術も身につかない。
だから、結果は出ず、ますます自信がなくなる。


でも、「できる」と思っている人は
自信があるから、行動も全開。
技術も非常に早く習得できる。
結果が出てくることで、ますます自信がついてくる。


自信が大きくなると、より高い目標にも挑戦し、グッドサイクルが生まれる。
そのうちに「できる」と思う目標も常人には決して届かないものになる。
強烈な「自尊心」それが強烈な「成果」につながる。


そこに


「強み」


「強み」だ。
もともと素質として他を圧倒できる要素。
そこにこだわれば、その行動は通常以上のリターンとなる。


他を圧倒するような「強み」にこだわり、
そこに「自尊心」を組み合わせることで、
より強烈な成果を出し、それがその「強み」と「自尊心」をさらに高めて行くことになる。


ここでもう1つ。ピティーノ監督のアドバイスをお伝えしたい。


「『練習すれば完璧になる』というのは不正確。完璧な練習によって初めて完璧になるからだ。」
(参考:Lead to succeed)


これは以前から、このブログでお話ししている「正しい方法で行動する」という成功の公式と同じ意味だろう。シンプルに言えば、成果が上がらない人は成果が上がる方法で行動していない。
成果が上がらない方法ではいくら行動しても、いくら努力してもうまく行かない。


ピティーノ監督の言葉は表現は違うが、まさに同じことを伝えている。
完璧な練習によって初めて完璧になる。
正しい行動によって初めて正しいものとなるのだ。


さらに、お伝えしたいのが、


行動や努力


ピティーノ監督はそれについて、偉大なワイドレシーバー、ジェリー・ライスについて紹介している。


ジェリー・ライスは偉大な元アメフト選手。
ポジションはワイドレシーバーだ。


アメフトをご存知ない方のために少し説明すると、
ワイドレシーバーとは、クォーターバックから投げられたパスをキャッチするのが主な役割。
強烈な足の早さと確実な捕球が必要になってくる。


でも、ジェリー・ライスが新人の頃は40ヤード走で4.71の記録しかなかった。


「足が遅くて使い物にならない」と酷評されていたのだ。


それがアメフト選手として活躍し
MVPを幾度となく獲得し、通算パス捕球回数はリーグ歴代1位。通算獲得ヤード数もリーグ歴代1位。
2010年にNFLネットワークで発表された「最も偉大な100人のNFLプレーヤー」では第1位に選出。ファン投票でも第1位。


一流の中の一流と言えるほどの選手にのぼりつめた。


その理由について、ジェリー・ライスは次のように話している。


「多くの連中は『最高の選手になりたい』と言うが、そのための努力をしたがらない。私は必要な犠牲を払って努力するようにしている。私と一緒にトレーニングをしたがる者がいるかどうか疑問だ。私と同じ意志の力を持っている選手はそう多くないと思う」


一流選手でも真似できないほどの血のにじむような努力(行動)をしつづけたのだ。
そして、その血のにじむような努力をする「意志の力(情熱)」も必要だとライスは話している。


これまで数回に渡ってお話ししてきたが
重要なことは


「できる」という「自尊心」を持ち
自らの「強み」にフォーカスし、
「正しい方法」で
血のにじむような「努力」をする。


「自尊心」「強み」「正しい方法」「努力」
これらは密接につながっている。


特に重要なのが「自尊心」だ。
「自尊心」がなければ、そもそも行動しないのだ。
「強み」にフォーカスする行動もできないし、
「正しい方法」があったとしても、「どうせ、うまく行かないだろう」と思えば無理だ。
ましてや、人並み外れた「努力」などできるわけがない。


だからこそ、「自尊心」だ。
「できる」と思うことだ。


「自尊心」を持たなければならないし、
他人の「自尊心」を奪ってはならない。


余談だが、
私はアスリートなどに対して、『●●はもうダメだ』とか『●●は年齢的にもう無理だ』などと書いてある記事やニュースが好きではない。


彼らは日々努力し続けている。
それを外野が自尊心を奪うようなことをするのは好きではない。
それに、そのようなものを目にすることは我々自身の「自尊心」をも奪うことになる。


(もちろん、メディアはそれが商売だからやっているのだろうが、
私は人の可能性を信じたい。そう思っている。)


最後に「最高の選手になる」と常に意識し続け
それを実現したジェリー・ライスの動画をご覧いただきたい。
血のにじむような努力の結果だ。非常に美しい。
(2つ目の動画は画質は悪いが、こちらも素晴らしい)









blogcopy2
[ 2012/07/16 16:10 ] 人物 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1307-1cea994f













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。