年をとることのリスク~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

年をとることのリスク

blogcopy4


年をとることのリスク


「年をとった」


そう感じている方に
今回の話をお届けしたい。


自転車プロロードレース選手の


アレサンドロ・ペタッキ


彼はツール・ド・フランスでもマイヨ・ヴェールを獲得し、
3大グランツール全てのポイント賞も獲得したりと数々のレースで成績を残してきた選手だ。


でも、ペタッキは現在38歳。
プロロードレース選手の中では常に最高年齢。
もしくはその近くに位置する。


実際、
2010年にマイヨ・ヴェールを獲得した時も、
マイヨ・ヴェールの過去57年の歴史の中、最年長での獲得になった。


当然、多くの方が感じているのが
「なぜ、最年長のペタッキが活躍できるのか?」
という疑問だ。


これについてのベタッキの考えはこうだ。


「年をとることの一番のリスクは肉体的なことではない。
モチベーションが衰えることだ。つまり、精神的な衰えだ」



その考えを持つからこそ、
次のようにも語っている。


「年齢の限界というのは無いと思う。
もし、本気で努力したい
本気でハイレベルな戦いをしたい
本気で勝ちたいと願う人間には
年齢は関係ないと思う」



「年齢は関係ない」
そう考えるからこそ、
彼は戦い続けることができるのだろう。


最後に少し前のものだが、
ペタッキの走りをご覧いただきたい。






blogcopy2
[ 2012/07/22 16:49 ] 人物 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1313-a0e190d7













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。