天才競泳選手の言葉~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天才競泳選手の言葉

blogcopy4


天才競泳選手の言葉



今回は過去のオリンピック
アテネとシドニーで活躍したイアン・ソープの言葉を送りたい。


オリンピックでは5つの金メダルを獲得した
まさに天才競泳選手の言葉だ。


「ベストを尽くしたと思えれば何もいらない。
レースで1位になろうと、2位、3位だろうと関係ない。
大事なのは、自分ができるかぎりのベストをつくしたかどうか。
努力の天才になりたい。」



イアン・ソープ選手は2011年に2月に現役復帰を表明し、ロンドンを目指したが、予選で敗退し、出場できなかった。
それでも、素晴らしい選手であることには変わりない。


人は全て違う


人それぞれ違う。
能力も違うし、置かれている環境も違う。
病気の方もいるだろうし、障害を持っている方もいる。


条件が違うのだ。
その意味で結果は重要でないと思っている。
「世界1」になる人が「平凡」な人に勝さるとは単純には思っていない。


確かに勝負の世界は「結果」だ。
でも、生き方は違う。


その人なりのベストを尽くしたかどうかだ。
その人が持つ能力を最大限使ったか。
一瞬一瞬ベストを尽くしたか。
それが重要なのだと私は思う。


最大限生きたのであれば、
結果が他人と比べて2位だろうと、3位だろうと、
いや、100位だろうと関係ない。


そのためには弱い自分に打ち勝つことだ。
自分に勝つことができれば、
一瞬一瞬ベストを尽くした時間になる。
そのような時間を過ごすと充実感が違う。
自分に誇りが持て、自分を信頼できるようになる。


以前、カール・ルイスが「ベストを尽くせば誇りに思える。自分にとってのオリンピックで『達成感』という金メダルを勝ち取ろう」と言っていたが、まさにそうだと思う。


人生というオリンピックでベストを尽くす。
「達成感」という金メダルを取れるかどうか。
それが大切だと考えている。


(何も仕事だけではない。自分の生き方にベストを尽くせるかだ)


blogcopy2
[ 2012/08/04 21:59 ] 名言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1326-3f56b7f4













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。