世界を変えるには~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界を変えるには

blogcopy4


世界を変えるには


「今、いる環境がつまらない」
「上司が悪い」など


自らの環境に対して、愚痴を言う人は少なくない。
彼らは言う。
「自分は悪くないけど、周りが悪い」と。


正直に言えば、
私もそうだった。
今ではそのようなことを言わなくなったので、いつ頃まで自分がそうだったかは覚えていないが。。


でも、これは違う。


幼い頃


私は幼い頃、不思議な体験をした。
時期は定かではないが、小学校に入るかどうかの時期だったように思う。
ふと、ある考えが頭に浮かんだ。


「人によって世界は違う」


そう思ったのだ。


通常は「世界は1つ」と考える。
そこに多くの人が生活し、自分はその一人と考える。


でも、そうではなく、それぞれの「人」にそれぞれの「世界」があると考えたのだ。
なぜなら、自分がどこに行っても、「自分」を中心とした世界があるからだ。


小学校の頃は海外など行ったことがなかったが。。
ハワイに行けば、自分を中心としたハワイの世界があり、
フランスに行けば、自分を中心としたフランスの世界がある。
新宿に行けば、自分を中心とした新宿の世界がある。
どこに行っても、「自分」を中心とした世界があるのだ。


まるで、自分の移動する範囲にしか世界が存在しないようにも思えた。
自分がどこかに行く度に、その場所が現れ、その場所から離れると、その場所が消える。
そのようにも思えたのだ。


今ではそのようなSF的な考えはない。
場所が現れたり、消えたりするようなことは考えなくなったが、その時の考え方が正しいと思っている部分がある。


それは「その人ごとに世界が存在する」ということだ。


私の世界と
あなたの世界は違う。


何が違うのか?


それは


その中心にいるのが


「あなた」だということだ


あなたの世界の中心は「あなた」だ。
どこに行っても、何をしていても、何を考えていても、常にあなた中心の世界が広がるのだ。
あなたの世界はあなた中心に動いている。


ここで質問をしたい。


では、「あなたの世界」を変えるには、何を変えれば良いか?


それは「あなた」だ。


目の前にあるあなたの世界を創った最大の原因は「あなた」なのだ。
あなたの世界で最も登場する人物は「あなた」なのだ。
そして、コントロールできるのも「あなた」だ。
当然だ。


その意味で
冒頭の「自分は悪くないけど、周りが悪い」ということはない。
あなたの環境が素晴らしいのはあなたが原因だ。
あなたの環境が素晴らしくないのもあなたが原因だ。
もっと言えば、あなたの思考や行動を決める「あなたの考え方」が原因。


あなたと全く同じ環境で、あなたと全く同じ身体であっても、
あなたの考え方が他人の考え方に変わったら、世界は変わってしまう。
恐ろしいほど、変わってしまうのだ。


その世界を素晴らしいものにするのであれば、あなたを変えるのだ。


ある人


以前、ある人が「笑顔」と「感謝」を大切にしていこうと決めた。


そして、数週間経過した時、次のように言っていた。


「驚くほど、周りの人々が変わって来ました。
職場や家族さえも変わってきたんです」


そのように話していた。


これは不思議なことではない。
その人の世界の中心にいる「その人」が変わったのだ。
その世界を創っている最大の原因が変われば、インパクトが大きいのは当然だ。
その人の世界は変わってしまう。


世界を変えるのであれば、自分が変わることだ。


ここ数日、お話しているソクラテスはこう言っている。


「世界を動かそうと思えば、自分を動かすことから始めよ」
−ソクラテス


世界を変える、環境を変える、そのためには自分を変える。
いや、自分の考え方を変えることだ。
驚くほど、変えることだってできる。
自分の世界なのだから。


blogcopy2
[ 2012/08/21 14:35 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1343-6046647a













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。