世界を変えるには 最終回~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界を変えるには 最終回

blogcopy4


世界を変えるには 最終回


先日、ある連中と飲む機会があった。
その中にいた1人が次のような言葉を述べた。


「経営側、もしくは中心にいたいんですよね」


その方はある企業の社員。
でも、関連会社の経営側もしくは経営でなくとも、中心にいたいと話していた。


この気持ちは本当に理解できる。
あなたが経営者の方であれば、「それはそうだろう」と思っているかもしれない。
彼の気持ちを詳しくは聞かなかったが。。


おそらく、
地位が欲しいというだけでもない。
お金が欲しいというだけでもない。
「面白さ」が全く違うのだ。


会社の中心。
言い換えると、コントロールする立場だ。


このコントロールする側と
コントロールされる側では
その面白さは全く違う。


ある優秀な経営者の方も次の言葉が口癖だ。
企業にいるなら、できる限り中心で働く。
でも、それ以上に面白いのが起業だねと。


コントロールする立場にいると、
まるで冒険するような気持ちで仕事ができる。
リターンを喜びを感じ、リスクに緊張感を感じる。
実感がまるで違うのだ。


コントロールする「仕事」は「仕事」とは言えない。
むしろ、「遊び」と変えた方が良いのではと思うくらいだ。
中心にいる連中は遊びのように仕事に熱中する。
義務感ではなく、全力で遊びをするようなものだ。
熱中できるに決まっている。
(もちろん、大変なことはあるが、それさえも面白い)


しかも、その「仕事」の内容も好きでコントロールする立場にあったら、
それはまさに「遊び」の中の「遊び」だ。
人気の海外ドラマにはまるように仕事にはまる。
例えば「24」や「Lost」などを徹夜でも観続けてしまうように、仕事をしてしまう。
そのような人々に対して、義務感で働いている人々は「アイツは凄い」と言うかもしれないが、事実は違う。義務感で働いている人々も海外ドラマなど、何らかのことにはまったことはあると思う。
その思いで働いているのだ。


ある意味ではコントロールされ、義務で働いている人の方が苦しくて大変な仕事をしているため、はるかに凄い。(私は学生の時にやった義務だらけの仕事が人生の中で最も辛かった。それと比べれば、それ以降は楽なものだ。)


あなた自身の世界をコントロールする


あなたにはあなたの世界があるとお話しした。
あなたの世界では、あなたが最も登場し、本来であれば、あなたがコントロールできるものだ。
でも、それを多くの人が自らのコントロールを手放し、自分の過去や他人の評価や他人のコントロールに委ねてしまっている。


よく考えてほしい。


あなたはあなたの世界をどのようにするかも選ぶことができる。
会社の中にいつづけることもできるし、自分で起業することだってできる。
ビジネスを選択することだってできる。
全て自由だ。


あなたの世界に登場する人々もそうだ。
もちろん、あなたを非難する人や意見の違う人はいる。
それは当然だ。
でも、あなたに否がないのに、本当に失礼な人、本当にマイナス思考の人とは会わないようにすることもできる。
絶対に付き合って行かなければならない人などいない。
時間は限られているのだ。
自分の愛する人、好きな人、プラス思考の人と会うようにすることだってできる。


自分の世界の登場人物を素晴らしい人にすると、世界は素晴らしくなっていく。
注意してほしいのは、自分の世界に登場する人物は大切な人だ。
他人だとは思わず、友人、いや家族として付き合うことだ。
きちんと挨拶をし、彼らを明るく喜ばすことだ。
あなたの世界に登場する一人一人が明るくなることは、あなたの世界を明るくすることにつながる。


すると、どうなるのか?
あなたの世界は本当に輝くようになっていく。


あなたはあなたの世界を選べる。
どのような世界にするのか?
どのような登場人物の世界にするのか?
そして、どのような将来の世界にするのか?


この仕事でなければいけないという制約もないし、
この人と絶対に会わなければならないという制約もない。
本当に自由な発想で考えれば、世の中の制約など「犯罪」だけだ。


ある人は一流の銀行を辞め、起業している。
ある人は起業を辞め、会社員を続けている。
全て自由だ。


その「自由」を手放し
自分の過去や、自分の思い込みや他人の評価に縛られてしまうのはもったいない。


自分の世界を自分にとって、美しく明るいものにできるのだ。


blogcopy2
[ 2012/08/31 12:51 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1353-00f46189













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。