今、最も重要だと思うこと~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今、最も重要だと思うこと

blogcopy4


今、最も重要だと思うこと


今、最も重要だと思うのが「自信」だ。


言い換えれば、「できる」と思うこと。


これには賛否両論があると思う。
「自信がそんなに大切なのか」
そう思っている方もいるかもしれない。


特に起業している方や
独立している方にとって、非常に重要なことだ。


自分が不調の時
不安で頭の中がいっぱいになってしまう方
「できない」と思ってしまう方は
格好つけているわけではなく、「自分」が敵だ。


頑張ろうと思っても
自分の意識が「成功しないかもしれない」
「失敗するかもしれない」と成功を信じられなくなってしまう。
人は頭の中で会話をするのだ。
実際に喋らなくとも、頭の中が「失敗するかもしれない」と自分で言葉を発し続ければ、それに押しつぶされてしまう。


まさに「やろう」と一時的に思っても、
自分自身が最大の敵になる。


その最大の敵を抱えて生活していたら、
一時的にモチベーションを高めても
すぐにモチベーションは低下し、
仕事の成果も低迷してくる。
どんよりとした雰囲気の中で戦うことになる。


そして、彼らは「結果が良ければ自信が持てる」と思っている。
でも、そうではない。
人生にも仕事にも失敗は何度も何度も立ちはだかる。
一時的な成果で自信を持ったとしても、次々に立ちはだかる失敗や逆境を乗り越えることができない。結果(現状)に引っ張られる人は負けてしまう。


結果が悪くとも
現状が悪くとも
自発的に自信を持つことが重要なのだ。


自信がある人は違う


「できる」と思っている人たちは違うのだ。
彼らは自分自身が「敵」ではなく、味方になる。
最大の味方を得て、戦って行くことができる。
24時間、話しかける自分の言葉は「絶対にできる」「俺ならできる」と思っているのだ。
多少の失敗や逆境を乗り越えることができるのだ。


実際にそのようなケースを見てきているからこそ、多くの人の課題はそこだと考えている。
だからこそ、このことばかり、書かせていただいている。
「売上増加」というタイトルだが、その核となるものがそこだと思っている。


自信を持ち、自分自身を本当の意味で味方にし、ベストを尽くす。
多くの人ができない、それを成し遂げることが知識以上に重要なことだ。


スティーブ・ジョブズの言葉で
私がここ最近好きな言葉がある。


それが


「それほどたくさんのことはできないのだから、
一つひとつが本当に素晴らしいものでないと。
だって自分の人生だから。
人生は短く、やがてみんな死ぬ・・・
そのなかでこうしようと決めたんだ。
だったら、ものすごくいいものにしたい。
価値あるものにしたい」



「死」を必要以上に恐れることはない。


でも、人生が有限なのは確かだ。
だからこそ、ひとつひとつのビジネスをものすごくいいものにしたい。
価値あるものにしたい。
そう彼は言っていた。


ただ、私には次のようにも聞こえるのだ。
(ビジネスだけでなく)人生をものすごくいいものにしたい。価値あるものにしたいと。


そう思うと、1日1日をものすごくいいものにしたい。価値あるものにしたい。
いや、1時間1時間を価値あるものにしたい欲求にかられる。
それをベストにするためには24時間常に一緒にいる「自分」を最大限味方につけることだ。
「できない」ということをあなたに言いたくはないのだが、最大限ベストを尽くし、結果ダメであれば、それは仕方がない。


今、コンサルティング以外に手がけているビジネスが2つほどある。
コンサルティング同様、私が非常に好きなビジネスだ。
そのため、他に費やす時間はないが、ものすごくいいものにしたい。価値あるものにしたい。
そう考えているのだ。


追伸:現状の案件、また新規ビジネスなどのため、新規のコンサルティングのお申し込みやその他ご要望などはお待ちいただくこととなります。ご容赦いただきますよう、お願い申し上げます。(橋本)


blogcopy2
[ 2012/09/04 18:24 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1357-966a166d













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。