マイケル・ジョーダンの失敗~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マイケル・ジョーダンの失敗

blogcopy4


マイケル・ジョーダンの失敗


15年間の選手生活で
得点王10回
年間最多得点11回
平均得点30.12点でNBA歴代1位


1990年代
シカゴ・ブルズを6度の優勝に導き、
5度の年間MVP。
6度のNBAファイナルMVP受賞。
さらに、米国代表の一員として二度にわたり金メダルを獲得した。


まさに記録だらけのバスケットボール界の神様。


今回は、マイケル・ジョーダンの名言をご紹介したい。
マイケル・ジョーダンのバスケをしている姿をテレビなどで一度でも観たことがある方は彼に「失敗」や「挫折」は「似合わない」と思うだろう。


だが、実際には違う。
幾度となく失敗を乗り越えてきた。
次の言葉は「失敗した時のことを恐れないか?」と聞かれた時の非常に有名なマイケル・ジョーダンの言葉だ。


「高校時代は代表チームの選考から漏れた。
9000回以上シュートを外し、300試合に敗れ、決勝シュートを任されて26回も外した。
人生で何度も何度も失敗してきた。 
だから私は成功した。」



我々も含め、
多くの人は1つのことで9000回もの失敗はしない。


失敗に恐怖し、
勝負自体から逃げることだってあるだろう。


天才マイケル・ジョーダンも最初から成功したわけではない。
代表チームの選考から漏れるなど、数多くの失敗を乗り越え、前進し続けたのだ。
そこで一度でもあきらめていたら、マイケル・ジョーダンの名は我々は知らなかったはずなのだ。


blogcopy2
[ 2012/09/30 19:42 ] 名言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1383-72a52a95













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。