起業と松下幸之助 最終回~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

起業と松下幸之助 最終回

blogcopy4


起業と松下幸之助 最終回


松下幸之助の「無料」の展開。
さらに現在の「無料」での展開について、これまで、お話ししてきた。


でも、ここで疑問があると思う。


「無料が効果はあるのは分かったけど。。高く売る方法はどうなのか?」


そう考えている方もいるだろう。


「高く売る」
言い換えれば、希少性の高い商品を高く売るということだ。
でも、これは容易ではない。


そもそも、消費構造は低調だ。


例えば、二人以上の世帯あたりの1ヶ月の支出額は1999年に323,008円だったのが、2010年に290,244円と激減している。(89%だ)さらに、ネットで商品を比較し、良質の品を安く買おうとしている人も少なくない。


消費者は


「お金を使わないようにしている」


「安く買おうとしている」


これが「自然」なのだ。
それに則っているからこそ、カカクコムなどの比較サイトは未だに堅調だ。


そのような消費者の「本質」と逆を行くのだ。
松下幸之助の言う「天地自然の法則」にある意味では反することになる。
安く買おうとしている顧客に高く売るのだ。
それは安易な方法ではない。


それを自然にする方法は一つだ


「欲しいものが他で手に入らないなら、高くても仕方がない」


これはまさに、投資家ウォーレン・バフェットやリクルートを創業した江副浩正の言葉。


「欲しくても手に入れることができないものを売れ」


ということだ。


ある川があったとしよう。
あなたはその川の向こう岸にどうしても行きたい。
その時、目の前に「一本の橋」がある。


川の向こう岸に渡るにはその橋を渡るしかない。
ただし、通行料がかかるのだ。
他に橋がなく、どうしても川を渡りたいと思うのであれば、しぶしぶとお金を支払うしかない。


まさにこのような事業にウォーレン・バフェットは投資をしていた。
他社で手に入らないのだ。
だから、その事業は大きくなる可能性が高いと見ていた。


でも、このような事業、このようなビジネスは、非常に高い顧客ニーズがあり、そこでしか手に入らないことではじめて成立する。


顧客ニーズに完全に合致し、他社が提供していない。
しかも、起業段階ではそれを伝え、それを信じてもらう必要があるのだ。


一本橋が目の前にあれば、それを渡れば川を渡れるのは信じられる。


でも、多くの商品はそういうものではない。
お金を払い、使ってみなければ、それが本当に役立つものかどうかが分からない。


松下幸之助の事例はまさにそれを教えてくれる。


大正11年秋


他社が3時間程度の自転車用の電池ランプだったのに対し、30時間の寿命のランプを開発した。
10倍良い商品だった。


自転車用の電池ランプというもの自体は既に存在していたので、
一本橋が1つしかないという状況ではなかった。
でも、10倍優れた商品だ。
圧倒的な違いはあった。
でも、その10倍優れた商品であっても、商売人松下幸之助が必死になっても売れなかった。


このケースであっても、知らないものは信じられないという人間の「本質」。
その「本質」を払拭する必要があったのだ。


それに付け加えて言うならば、10倍優れた商品は「一本橋」というほどインパクトの高いものではない。
本当の「希少性」を狙うことだ。そのことをこのケースは教えてくれる。


起業段階はこの消費者の「本質」を考える必要がある。
お金は使わなくなっている。
さらに、知らないし、信じてないのだ。
その「本質」に反した展開をしてはいけない。


あなたが起業したばかりであれば、
その「本質」に則った対策をとる必要がある。


経営の神様 松下幸之助は
まさに日本の成功者だ。
お金だけではないが、1950年以降長者番付で全国1位を10回記録し、40年連続で全国100位以内を記録した。その男が「これまで事業に成功し続けてこられたが、その秘訣はどこにあるのか?」と聞かれた時に答えたのがまさに次の言葉だ。


「自分の経営は天地自然の法に従ってきました」


本質から外れてはいけない。
本質に則らなければならないのだ。


blogcopy2
[ 2012/10/05 16:32 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1388-8823640e













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。