老子との対話 4~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

老子との対話 4

blogcopy4


老子との対話 4


松下幸之助は成功の秘訣を次のように言っていた。
「成功の秘訣は天地自然の理(法則)による」と。


「天地自然の理」


そのように言われても、ピンと来ない方もいると思う。
これを「雨が降れば、傘をさす」という言葉で幸之助は表現している。


 あなたが外出している時に、突然雨が降ったとしよう。その時に真先に考えるのが「傘をさしたい」ということだろう。
折り畳み傘を鞄に入れていれば、その傘をさすだろし、傘を持っていなければ、コンビニなどで買うかもしれない。
 もちろん、「お金がもったいない」と考える方であれば、濡れたままでいるかもしれない。


 でも、いずれにせよ。
頭に真先に浮かぶのは「傘をさしたい」ということだ。雨が降れば傘をさす。それこそが「天地自然の理」と言える。


 幸之助はこの「天地の自然の理(法則)」に則ったビジネスをすることが成功するために非常に重要なことだと述べていた。
逆にうまくいかないのは、その理に則っていないということだ。


 幸之助の成功の法則「天地自然の理」に近いことを2600年前の「老子」の教えにもある。


「『道』と一体になって天地の道理をわきまえた聖人は、わが身を人の後におきながら、それでいておのずからに人に推されて先だち、わが身を人の外側におきながら、それでいておのずからに人に招かれてそこにいる。それは私利私欲をもたないからではなかろうか。だからこそ、かえって自分をつらぬいていけるのだ。」
引用 老子道徳経 上篇


「道」については前回も少し触れたが、単なる人間世界の道ではない。老子では、宇宙自然をもあわせた唯一絶対の根源的な道「道」としている。


無私


 さて、この文章は一言で言えば、「無私」をすすめている。
この「無私」というのは自分のための欲を持たないということだ。ここで「自分の欲を持ってはいけないのか?」と疑問に感じる方もいると思う。


 実際、私がお会いした優秀な経営者の中にも「欲のないヤツはダメだ」などと言う方が少なくない。松下幸之助でさえ、ある意味での「欲」はあったのだと思う。
自分の夢や目標を実現したいという欲。
それがなければ、パナソニックを創業し、一代であれだけの規模に築き上げることなどできはしない。


 でも、老子の言葉をもう一度読んでほしい。これをシンプルに述べれば、「天地自然の道理をわきまえた者は自分をつらぬいていける」ということだ。
逆に言えば、天地自然に対し、我欲は持ってはいけない。もっと言えば、自分の欲を実現させることはできない。


考えてほしい


 例えば、雨が降ったら傘をさすという「自然」
その「自然」に反する、雨が降ったら、「濡れる」などという商品をあなたが開発するとしよう。
それが顧客の何らかの「自然」に則っているのであれば別だが、そうでなければ、間違いなく売れない。人々は雨に濡れたくないのに、それを助長するような商品など売れはしないのだ。


 天地自然を前に自分の欲を実現させることはできない。自らの欲を捨て、自然の理に則る。それが重要だと老子は言っている。


 天地自然に則る。それに逆らうような自分の欲は捨てる。それを実現する方は周囲がほておかない人物になる。老子の言葉を借りれば、「わが身を人の後におきながら、それでいておのずからに人に推されて先だち、わが身を人の外側におきながら、それでいておのずからに人に招かれてそこにいる」
そのような人物になり、ひいては自分自身をつらぬいていけるのだ。


blogcopy2
[ 2012/11/01 13:56 ] 人物 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1415-2ada8177













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。