不況を打破する方法~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不況を打破する方法

blogcopy4


不況を打破する方法


今回は松下幸之助の「不況の心得十訓」をご紹介したい。


これは非常に有名だし、以前もご紹介したことがあったと思う。
でも、改めて、今日はもう一度読みたくなった。


「不況を乗り越えたい」
そう考えているあなたにぜひご一読いただきたい。


1.不況といい好況といい人間が作り出したものである。人間それをまくせないはずはない。

2.不況は贅肉を取るための注射である。今より健康になるための薬であるからいたずらにおびえてはならない。

3.不況は物の価値を知るための得難い経験である。

4.不況の時こそ会社発展の千載一遇の好機である。商売は考え方一つ、やりかた一つでどうにでもなるものだ。

5.かってない困難、かってない不況からはかってない革新が生まれる。それは技術における革新、製品開発、販売、宣伝、営業における革新である。そしてかってない革新からはかってない飛躍がうまれる。

6.不況、難局こそ何が正しいかを考える好機である。不況の時こそ事を起こすべし。

7.不況の時は素直な心で、お互い不信感を持たず、対処すべき正しい道を求めることである。そのためには一人一人の良心を涵養しなければならない。

8.不況のときは何が正しいか考え、訴え、改革せよ。

9.不景気になると商品が吟味され、経営が吟味され、経営者が吟味されて、そして事が決せられる。従って非常にいい経営者のもとに人が育っている会社は好況のときは勿論、不況の時にはさらに伸びる。

10.不景気になっても志さえしっかりと持っておれば、それは人を育てさらに経営の体質を強化する絶好のチャンスである。



あくまで、私の考えだが。。
最初の「不況といい好況といい人間が作り出したものである。人間それをまくせないはずがない」と言葉。


これが大好きだ。
目の前の困難などふっとばせる気になってくる。
その他、2、4、5、9が特に力が湧いてくる言葉だと思う。
パナソニックを一代で築き上げた日本を代表する経営者らしい、力強く積極的な視点がどの言葉にも感じられる。


blogcopy2
[ 2012/11/04 12:41 ] 名言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1422-3fb070f2













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。