仕事で遊ぶ~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

仕事で遊ぶ

blogcopy4


仕事で遊ぶ


前回、「やる気に関する驚きの科学」についての動画をご紹介した。
「まだ見ていない」という人はぜひ見てほしい。
動画「やる気に関する驚きの科学」


動画を一言で言うと、
「今のような複雑なビジネスになると
お金で人をやる気にさせられない」ということだ。


ダニエル・ピンクは
「金銭的なインセンティブは全体的なパフォーマンスに対し
マイナスの影響を持ちうる」と科学的な側面から説明している。
(動画の話は高所得者の話だ。失業者など、お金に困っている方の話ではない)


実はこれは僕自身が考えていたことだった。
年収が毎年のように増え、それがさらに増えていっても、それで「やる気」が出ることはなかった。
これは断言できる。お金でモチベーションがわくことはなかった。


誤解しないでほしい。
「年収が増えることが嬉しくない」というわけではない。
でも、それではモチベーションがわかないのだ。


ダニエル・ピンクはそう言っていた。
この動画を初めて見た時にまさに驚いた。
僕自身が感じていたことだからだ。


金銭のような外的なもので人は動かない。
その人の中にある内的なもので動くということだ。


好きだからやる
重要だからやる
面白いからやる
何か重要なことの一部を担っているからやる


もっと分かりやすく言えば


「これが大好きだからやりたい」
「これはめちゃくちゃ重要だ。だからやりたい」
「これはめちゃくちゃ面白い!だからやりたい」
「俺の仕事は○○というでかいことに役立っている!だから、やりたい」


このように、人の中にある内的感情でモチベーションが上がるということだ。
だからこそ、ビジネスの新しい運営システムは


「自主性」
「成長」
「目的」


この3つを軸にして運営していくと話をしていた。


「好きだ」「面白い」「重要だ」と本人の自主的なモチベーションで働き
働くことで「成長」を実感し、より面白くなり、
さらに、それが「大きな目的」に役立っているということだろう。


これは考えれば当然のことなのだ


実際、お金自体が好きな方は非常に少ないと思う。


「貯金しなきゃ」と思っていたのに、「iPhone」が出れば、買ってしまい。
友達が「飲みに行こう」と言えば、飲みに行き、お金を使う。
「この店の○○が美味しい」と聞けば、買う気などなかったのに、また使う。
そして、貯金はあまりない。
これで「お金が好き」とか言っている人は自分が見えていない。


お金が好きな人というのはお金を使いたくもないのだ。
ウォーレン・バフェットがまさにその典型だ。お金を手放したくないからと本当に質素な生活をしている。
世界トップクラスの資産家なのに、非常に質素なのだ。
お金が好きというのはそういうことを言うのだ。


平均的な人は「お金」を愛しているのではなく、「お金」を使って何かをしたいのだ。
先ほどのiPhoneだけでなく、好きな家に住んだり、好きな服を着たり、好きな車に乗ったり、
楽しい時間を過ごしたり、楽しいと感じるモノを買ったり、堅実な人でも、好きな環境を守るために貯金をしたりするのだ。


つまり、シンプルに言えば、「好き」なものを手に入れるため、「好き」なものを維持するためにお金が欲しいのだ。
だから、目的は「好き」なことをしていたいということだ。
心に思ったことを実現したいのだ。


だったら、人生という命の時間を企業に提供して「お金」を手に入れてから、その「好き」なものを手に入れるなんてまどろっこしいことはせず、自分の時間を「好き」な仕事に提供して、その報酬でも「好き」なものを買った方がよほど良い。


人生の大半を占める仕事の時間も好きなことだし
そこでのモチベーションも高まり
プライベートに稼いだお金で好きなことに使える。


大多数の人はお金を使いたくないほど、お金を愛してはいない。
そうではなく、「好き」なものを手に入れるための手段なのだ。
お金が目的ではない。
だったら、「仕事」を好きなものにし、自分の内的感情が100%発揮できるようにした方がよほど良い。


楽天の三木谷さんが言っている。


「ビジネスで成功するかどうかのカギは、結局のところ、仕事を人生最大の遊びにできるかどうかだ。人間は遊ぶ動物なのだ。人間は遊んでいる時が、最大の創造力を発揮する動物なのだ。仕事を人生最大の遊びにできれば、人は誰でも有能なビジネスマンになれる。」


人間は「遊ぶ」動物だ。
人間は「好き」なことをしたい動物だ。


人は40年近く働くのだ。
人生の大半を仕事に費やす。


仕事がお金を稼ぐ手段でしかないのでは40年思い切り働くことはできない。
仕事も遊びにし、より楽しく、より充実した仕事をする方がよほど良い。
僕たちは仕事でも遊ぶべきなのだ。


blogcopy2
[ 2012/11/18 17:59 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1436-9763232f













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。