織田信長とマーケティング~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

織田信長とマーケティング

blogcopy4


織田信長とマーケティング


「好きな戦国大名は?」


そう10人以上の人に聞くと、必ずと言っていいほど「織田信長」をあげる人がいる。


信長と言えば、今川義元との戦い


あの戦いはドラマなどにもよく取り上げられる。
当然、ご存じだと思うけど少しだけ話そう。


永禄3年5月。


今川義元は信長のいる尾張国へ侵攻していく。
その兵力は2万人とも4万人とも言われる大軍


対する織田軍の総兵力は5千人


今川軍が4万人だとしたら、8倍


圧倒的に不利な状況にあった。
あなたなら、どうするだろうか?
8倍の敵が攻めて来るのだ。


普通の人間なら、「逃げたい」と思うくらいの兵力の違いだ。


ところが、信長は逃げ出したりはしなかった。
それどころか、勝つのだ。


今川軍の陣中に攻め込み、義元を討ち取る。


有名な桶狭間の戦いだ。


日本の歴史の中でも、これだけの圧倒的な不利な状況を覆してしまう戦いはそう多くはない。


圧倒的な不利な状況に立ち向かう。
その状況を考えるだけで、感動する。


もちろん、信長の偉業はその他数多くある。
でも、僕はこの桶狭間の戦いはが好きだ。


今回は信長の名言をご紹介しよう。まずは読んでほしい。


「攻撃を一点に集約せよ、
無駄な事はするな」



圧倒的不利な状況でも諦めない。
しかも、勝利を勝ち取った男の言葉だ。


無駄なことをしてはいけない。
攻撃を一点に集約するのだ。
目的に向けた行動を集約していくのだ。


一点に集中し、それのみをやらなければならない。


米国を代表するマーケティング戦略家アル・ライズが述べている言葉がまさにこれと同じだ。
「利益を出し続ける会社にするためには一点に集中しなければならない」というもの。
つまり、「フォーカス」だ。


日本の歴史を代表する天才的な戦国大名、織田信長
米国を代表するマーケティング戦略家のアル・ライズ
「戦」と「ビジネス」という違いはある。
でも、どちらも「集中」すること「フォーカス」することが重要だと言っている。


競合が今川義元のように大軍でも、勝つための一点を戦略的に考え、そこに集中する。
それにより、勝率を確実に高めることが可能になる。


ぜひ、信長の考えとアル・ライズの考えである「フォーカス」を活用してほしい。


「攻撃を一点に集約するのだ」


blogcopy2
[ 2012/12/01 19:27 ] 名言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1449-dfc7da61













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。