老子との対話 22~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

老子との対話 22

blogcopy4


老子との対話 22


会社員時代、僕は約10年ほど新卒の面接官をやっていた。と言っても、人事にいたわけではない。以前、お話ししたようにマーケティング関連の部署で管理職をしていた。


面接は単に人事から依頼があり、始めたことだった。でも、そこから、何故か継続的に協力していくことになり、約10年もの間、面接官を続けることになった。


面接官をしたことで、気がついたことは数多くある。その一つが「話すこと以外」にある。


学生の多くは「話すこと」を考えてきている。自己PRや志望動機を用意し、質問される可能性が高い数々の質問に対する答えなど、一生懸命対応してくる。


特に今の学生は器用だ。そこは非常に上手だ。皆、同じような内容の話をスラスラとする。


でも、手薄なところがある
それが


「話すこと以外」


もっと言えば、話以外の行動の部分だ。


例えば、面接官1人に対し、学生3人の面接の場合
彼らが入ってきた時に鞄を後ろに置いてもらう部屋で面接を行ったとしよう。


学生のうち誰かがノックをし、そして、僕が「どうぞ」と答える。すると、「失礼します」と学生3人が入ってくる。


そこで、僕は「鞄やコートなどは後ろの机の上に置いてもらえますか?」と言う。


一瞬、みなどう置いてよいかに迷う。
学生は3人とも初対面で面識はない。学生3人から見た僕も初対面だ。
質問もしづらい。


その時にとっさに面接官である僕の顔を見て、「こちらの机ですか?」と確認してくる人がいる。仮にA君だとしよう。
その瞬間、僕の頭の中に「彼はリードする人だ」という印象が残る。
面接が本格的に始まってもいないのにだ。


その後、面接が始まり、僕自身の自己紹介をし、学生に自己PRをしてもらう。


先ほど、鞄をどこに置いていいのか躊躇していたB君やC君。
彼らが「私の強みはリーダーシップです」などというと「さっき、あたふたしてたでしょ」とそう思ってしまうのだ。


逆に「こちらの机ですか?」ととっさに質問してきたA君は違う。
彼が「私の強みはリーダーシップです」と言ってくると「そうだよね」と何の疑いもなく、思ってしまう。


「コミュニケーション力が強みです」という学生も同じだ


その学生が話していない時をじっくりと観察していれば、本物かどうかは分かる。相手と話す時に目が泳いでいたり、無表情で話してしまったり、自分が話し終えて他の学生が喋っている時に聞いてもいないこともある。
自分の話すことで精一杯なのだ。


そのような学生が「コミュニケーション力が強み」と言っても面接官、いや多くの人は信じない。それどころか「この学生は自分が見えていないのか?」「嘘をついているのだろう」という印象を持つようになる。


考えてほしい。


常に真剣に行動している、でも言葉では「大して真面目にやっていないですよ」という人
常に真剣に行動していない、でも、言葉では「いつも真面目にやっています」という人。


後者は「口だけ」と言われる。
ところが、前者は違う。
彼らは「行動だけ」とは言われない。むしろ、高い評価を受ける。
そもそも、不思議なことに「口だけ」という言葉はよく聞くが、「行動だけ」という言葉は全く聞かない。


別の言い方で言えば、話がうまい人は話自体がうまいのもあるが、話をしていない時もうまいのだ。話をしていない時の行動(身振りなど)、間、雰囲気がうまいのだ。


話の内容は考えればなんとかなるが、そこはすぐに身につくものではない。自分の本質、老子で言えば、「自然」が出てしまうところだ。


老子はそのことを次のように言っている


「よけいなおしゃべりはいらない。
『道』と一つになろうとするものには『道』もまた喜んでかれを受け入れ、失徳と一つになろうとするものには、失徳のほうでもまた喜んでかれを受けいれる
こちらでよけいなおしゃべりをして誠実さがたりないと、先方でも信頼しなくなって、受け入れられなくなるものだ。」

老子道徳経 上篇 「老子」金谷治


ビジネスも同じだ


何かを発する「言葉」だけでは力を持たない。「言葉」以外の力も意識することだ。


「お客様を大切にします」と言っていても、その企業の行動がいい加減なものだったら、「いい加減な会社」だと思われる。


行動の訴求力は言葉以上に強力だ。
逆に言動がどうであれ、行動が真面目であれば、その人は真面目と認識される。


あなたのビジネスの言葉以外の要素。それが何を顧客に語っているのか?ぜひ、考えてみることだ。


blogcopy2
[ 2012/12/11 13:23 ] 人物 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1459-6f9512be













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。