老子との対話40~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

老子との対話40

blogcopy4


老子との対話40


ある起業家がいた。
彼はある企業を退職し、半年もの間、毎日のように朝から晩まで仕事に取り組み、販売する商品、そしてサイトを準備した。


それだけじゃない。
「こんな問い合わせが来たらどう対応するか」「こんなクレームが発生した時はこう対応しよう」などとあらゆる問い合わせを想定し、準備を続けた。


「お客さんが多く来た時はこれがないと対応しきれないから、その準備もしよう」と準備もした。


パソコンにあるシミュレーションを見ながら、「これだけの売上が上がるからある程度の費用はかけていいかな」などと一定のコストをかけて、準備もしてきた。


そして、ビジネスのスタートの時期を迎える。


「半年をかけて、ここまで来た。ようやくスタートだ」


そう思い、サイトをオープンし、ネット上の広告の展開をスタートする。
そして、数時間が経過し、1日が終わった時に異変に気がつく。
想定と全く違う結果に愕然とする。


売上はゼロだった。


それどころか、全く反応がない。
顧客からの質問も一つもない。


これは実際の話であり、多くの起業のスタートだ。微妙に結果は違うかもしれないが、完全にゼロから立ち上げたビジネスはこんなものだ。


買ってもらうどころではない。


質問をされることもない。


「世の中にインパクトを与えてやる」
そう思って起業したとしても、世の中にインパクトどころか、質問さえ来ない。


この洗礼を受けてから勝負が始まる。
同時に「不安」と戦う。
起業した人にとって、時間はまさにお金だ。
「時は金なり」などという言葉ではない。実際にそうなのだ。時間が経過することは、資金がショートしていくことにつながる。毎時間、毎時間、毎日、毎日だ。


その不安を感じながら、売り込まなきゃと思っても売れない。
売ろうとすれば売ろうとするほど、売れない。


何故か?


売れていないからだ。
老子で言えば、彼が起業などしなくとも、世の中は回っていた。バランスはとられていたのだ。つまり、最初は世の中に同化していない「異物」のようなものだ。
人々の生活に同化している商品やサービスではないのだ。
逆に言えば、そんな商品やサービスよりも同化している商品やサービスの方が良い。


それに、今やネットであらゆる情報、あらゆる商品、あらゆるサービスがあらゆる顧客とつながっている。
実際に使われているものは分かるし、評価されているものも分かる。
一目瞭然で分かる。


だからこそ、売れない人が売ろうと思っても「売れていない人が頑張っている」としか見えない。


でも、そんな中、最初に飛びつく人はいる。


買わないけど、近づいてくる人はいる。
サイトをチェックする人はいる。
関連するブログなどがあれば、それを見る人はいる。そうして、人が集まり続けると、ビジネスはようやく鼓動を打ち始める。
命がなかったビジネスが鼓動を打ち始める。


例えば、関連するブログでコメントが1つ来る。
「この間はご回答いただいて、感謝しています。助かりました」などと声が上がる。
彼の商品を買った人ではない。
彼は質問に答えただけだ。それでも、人の気配が出始めると変わってくる。


考えてほしい。


あなたは誰かのブログにコメントを書いたことはあるだろうか?企業にメッセージを送ったことはあるだろうか?
ない人がほとんどだと思う。
それが大きなことなのだ。


そして、他の顧客がそのコメントを見て、「人が来ている。一応、信頼できるサイトかな」などと安心して見るようになってくる。


そして、ついに


「欲しいです」


買ってくれる。


1つ買ってくれる人が出てくると、それがゆっくりと2つになる。
2つ買ってくれる人が出てくると、それが3つ4つとなる。
そして、ようやくビジネスが形になってくる。


年商数億円、数十億円のビジネスも最初は1件の問い合わせ、1件の購入から始まる。
これは例外はない。


これが起業だ。
大手のビジネスとは違う。
あなたが起業した場合、誰もあなたのことを知らない。商品もないし、顧客もいない。
そこからのスタートなのだ。


老子は言う。
「『道』が一を生み出し、一が二つのものを生み出し、二つのものが三つのものを生み出し、三つのものが万物を生み出す」
老子道徳経 下篇





重要なことはスタートは「道」。
言い換えれば、自然だ。


先ほど話したとおり、世の中は既に自然に回っている。バランスをとってだ。
乱暴に言えば、「異物」として起業をする。


なくても回っていた世の中に異物としてビジネスをスタートする。
だからこそ、その「異物」は顧客や世の中の自然な流れに逆らってはいけない。
逆らっては異物のままだ。
まさに自然の流れになるように「異物」を「同化」させていく。


あなたが毎日コカ・コーラを飲んでいるのなら、あなたにとってコカ・コーラは「自然」だ。
「異物」ではない。


でも、そのコカ・コーラも生まれた当初は誰も知らない「異物」だった。その「異物」をスタートの段階から可能な限り「自然」にしていき、世の中に「自然」に浸透させていくこと。それが重要なのだ。


blogcopy2
[ 2013/01/31 16:18 ] 人物 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1505-ecb47054













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。