「老子との対話40」について~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「老子との対話40」について

blogcopy4


「老子との対話40」について


前回の「老子との対話」40回では、ある起業家の話をした。
起業家であれば「分かる。甘くないからな」と思ったかもしれない。


僕が最近感じているのは顧客が「お金」を支払う以前に「行動」をしてもらうことが難しくなってるということだ。
キャッシュを生む生まない以前に、行動してもらうことができない。


例えば、あなたがネットで集客をしたとしても、初心者であれば、まず顧客が集まらない。
集まったとしても、何らかの行動などしてもらえない。


考えてほしい


僕らには無数の選択肢がある。
外出しても無数の選択肢があるし、自宅でも無数だ。


Facebookで友人の状況をチェックするかもしれない。
LINEで誰かとやりとりをするかもしれない。
Youtubeでお気に入りの動画を見るかもしれない。
Amazonで買い物をするかもしれない。
Huluなどを使って、テレビでお気に入りの映画を観るかもしれない。
映画など見たら、2、3時間はそれでなくなる。


仕事から自宅に帰ってくるのが夜10時だとしよう。
寝るのは1時。
たった3時間だ。
その間に食事もする。お風呂も入る。歯も磨く。テレビも観る。ネットで情報をチェックしたり、買い物もする。FacebookやTwitterをする。ソーシャルゲームをやる。
一体、何時に寝ればいいんだ。


もう、手一杯だ。


さらに移動中だって時間はない。
優秀で忙しいビジネスマンは新聞でさえ読む時間はないだろう。
「何とか情報をもっとスピーディーに収集できないかな」と思って、移動中に瞬時に情報をキャッチするため、様々なニュースアプリを活用し、情報が発信された瞬間にキャッチするかもしれない。


メールやTwitterやFacebookとひっきりなしに情報や連絡も来る。
それらの情報の中で知り合いや友人、好きなブランドをチェックする。


自宅でも会社、移動中でもひっきりなしに情報に触れている。


そこにあなたが起業したとして、ネットビジネスをスタートする。
その状況にあなたは入り込んでいくのだ。


起業したばかりの企業はある意味「異物」だ。
本来、世の中は既にバランスがとられている。
満たされている。
膨大な、そして習慣的に使っている商品の中に名も知らないあなたの商品の案内が届く。
多くの人がやるように見られない。
これが現実だ。


そんなことを話すと「じゃあ、無理だ」と諦めてしまう方もいるかもしれない。
でも、そこであきらめてはいけない。


現実に「異物」であることを認め、いかに「同化」させていくかを考えるのだ。
それが起業だ。


ここは重要だからお話しておくが、起業と通常の大手企業がやっているビジネスは全く違う。
大手企業のビジネスは「大きいから」とか「認知されているから」とかではない。
そんな軽い言葉では表せない。
彼らは世の中に「同化」している。
そこが最大の違いだ。


「同化」しているものを成長させるか、衰退させるかというビジネス
それと「異物」を同化させる起業とは明らかにスキルが違う。


同化されているものを改善するのではなく、異物を同化させていく作業だ。
全く見えない中、逆境だって大きく、何度も立ち向かう必要がある。


だからこそ、起業には様々な技術がいる。


例えば、失敗に段階をつけることだ。
成功ではない。
失敗の段階だ。
目指すべき理想のゴールを成功としよう。
でも、それはすぐには手に入らない。


当然、失敗が次々に続くことになる。
そこで重要なのが失敗の段階だ。


乱暴に言えば、
成功に近づいた失敗なのか?
成功から遠ざかった失敗なのか?
失敗の中にもレベルを知るということだ。
それを意識しながら進んでいく。


そして、もうひとつ重要なのがあなた自身だ。
あなた自身の「好き」という気持ちが非常に重要だ。
これは「楽」だという意味ではない。


スティーブ・ジョブズは言う。


「私がこれまでくじけずにやってこれたのは、ただひとつ。
自分がやっている仕事が好きだという、ただそれだけなのです。」



これは「綺麗ごと」ではない。
僕も本気でそう思う。
精神的にタフで、何が起きても、前に進める人ならいい。
でも、そんな人はまずいない。
好きであること、情熱を感じること。それを成し遂げるためにやるべきだ。


さらにジョブズはこう言う。
それを最後にご紹介したい。


「とりあえずレストランの雑用係かなにかになり、自分がほんとうに情熱を傾けられるものを探すべきだと思う。
アントレプレナーというのは大変な仕事だからね。
この仕事で成功した人と成功できなかった人を分けるものの半分は、忍耐力だと思うんだ。ほんとうに大変な仕事だからね。
人生の大半をかけるんだ。とても厳しい状況になることもあるし、そこで多くの人はあきらめてしまう。仕方ないと思うよ。ほんとにきついし。
消耗してしまうんだ。家族がいて会社を立ち上げるなんて、どうしたらいいか僕にはわからないほどだ。もちろんそういう人もいるんだけど、とにかく厳しいよ。
かなりの時間、1日18時間、休みなしで働き続けなければならない。大きな情熱がなければやりとげられるはずがない。どこかであきらめるはずだ。
つまり、まず、情熱を傾けて正したいと思う問題やまちがい、あるいは何かアイデアがなければならない。それなしには、最後までやりとげる忍耐力が生まれないからだ。これが戦いの半分を占めていると僕は思う。」



どのように、その「異物」を同化させていくのか?
お話したいことはいくらでもあるが、まずは現実を見定めることだ。


blogcopy2
[ 2013/02/01 17:43 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1506-6eb68ab6













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。