マクドナルド創業者「事業の成功の方法」~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マクドナルド創業者「事業の成功の方法」

blogcopy4


マクドナルド創業者「事業の成功の方法」


レイ・クロック


ご存知のとおり、マクドナルドの創業者。マクドナルドをフランチャイズ展開し、世界最大のフランチャイズ・チェーンに仕立て上げたのがレイ・クロックだ。


その彼の言葉の中、気になるものをご紹介したい。次のものだ。


「私は一夜にして成功をおさめたと思われているが、その一夜というのは三十年だ。思えば長い長い夜だった。」


一夜ではなく、そこに行き着くには長い道のりがあった。
そして、三十年の長い長い夜を戦い続けたレイ・クロックは「事業の成功の方法」について、こう言う。


「私は細部を重視する。事業の成功を目指すならば、ビジネスにおけるすべての基本を遂行しなくてはいけない。」


特殊なことではなく、基本的なことだ。


今、展開している『老子との対話」での話と全く同じだ。
老子は「道」を重視していた。
乱暴に言えば、「自然」と言っていいだろう。
世の中の自然な流れだ。
その自然な流れ、自然なことに忠実にあるべきだということだ。
それはまさに「基本」ということだろう。


レイ・クロックと老子
その彼らの言葉で言えば、


事業の成功を目指すには、あらゆる基本、あらゆる道(自然)に忠実でなければならない。


「何が道なのか?」
「何が自然なのか?」
「何が基本なのか?」


それを考えることだ。


blogcopy2
[ 2013/02/02 18:32 ] 人物 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1507-309bb7ba













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。