老子との対話42~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

老子との対話42



blogcopy4


老子との対話42


「正論」で人間は語れない。


道理にかなった考えや行動をしないのが人間だ。


「確かに人間は分からないよね」
と話をしているわけじゃない。


人間もある程度、論理的に説明は可能だ。
でも、僕も含めて人間は「正しく」動くわけではない。


そもそも、正しく動いていたら、人間は皆幸せだ。
でも、多くはそうじゃなく、何らかの不満を感じている。
多くは今どんな状況にあるかも分からない。


例えば、


「病気になるのは嫌だ」
「健康になりたい」



そう考えている人がいるとしよう。
さらに「ジャンクフードなどではなく、果物や野菜を多めにとることが良い」と考えている。


ここで「果物」や「野菜」が健康につながるのかどうか。その正否は関係ない。
本人が「正しい」と思っているのだ。
でも、その本人でさえ、ファーストフード店の前を通り、そこにいかにも不健康そうな「食べ物」の写真を目にすると、心が動く。
「野菜か果物を食べなきゃいけないのに。。でも、美味しそうだな。まあいいか」と
ファーストフード店に入り、店内で列に並ぶ。


そして、思い切りジャンクフードを購入してしまうこともある。
それが不健康な食べ物だと思っているにもかかわらずだ。


仕事だって、そうだ。


人は仕事や上司に評価されるより自分の健康の方が大事なのは分かっている。
でも、上司に評価されたいがために、自分の意見を殺し、「絶対にうまく行くわけない」と思っている上司のプランを「素晴らしいです」などと発言する。
そんなことを繰り返しているうちに、精神状態を壊すこともある。


そんなことで病気になったら、
そんなことで精神疾患になったら、
ファーストフードのせいとは言えない。
上司のせいとも言えない。
何より、自分のせいだ。
何よりも重要なことは何かを知っていたのに、目の前の快楽や問題を選択したのだから。


人間はそういうものだ。
論理的に考えれば、自分の健康や精神の方が重要だ。
でも、それはあくまでも正論なだけだ。
机上の空論でしかない。
正論ではなく、人間を論理的に語れば、将来のことよりも目の前のことを優先する。
だからこそ、人間は将来の快楽や問題(の解決)より、目の前の快楽や問題(の解決)に走りやすい。


しかも、将来の病気や将来の精神疾患などは曖昧なものなのだ。


あなたがもし、将来の快楽や問題解決を提供するようなビジネスをしているのであれば、そのことを強く意識することだ。


余談だが、僕が以前携わっていた「保険」もまさにそうだ。保険は将来、万が一のために加入するものだ。
でも、それは人間の論理から言えば、非常に分かりづらいものなのだ。
そこを意識して、展開していく必要がある。


老子は言う。


「名誉と身体とは、どちらのほうが自分にとって切実なものであろうか。
身体と財産とは、どちらのほうが自分にとって重いものであろうか。
ものを得るのと失うのとは、どちらのほうが害があるであろうか。
人びとは名誉や財産の欲にとらわれてわが身のことを忘れ、名誉や財産の獲得を喜んでわが身をそこなう害を知らないでいる。(中略)適切なところで止まることを知るものは、わが身を危険にさらすようなことになるのをまぬがれる。こうして、いつまでも安全に長らえられるのだ。」

参考:老子道徳経 下篇


人間は将来のためより目の前のために考え、目の前のために動く。
その目の前のことが将来につながらないことであってもだ。
だからこそ、老子の言うとおり、そのようなことは適度におさえる必要がある。


ジャンクフードもたまには良い。
でも、それが過度になれば、あなたの将来が蝕まれる。


人のことは偉そうに言える。
目の前に1年後に大学受験を控えている受験生がいるとしよう。その彼は漫画やゲームばかりしてしまう。


「大学受験が重要な時に何をやっているんだ」
そう思うかもしれない。
でも、それは受験生だけではない。人間の多くがそんなものなのだ。


僕らはそんなものなのだと認識し、弱点を認識することだ。
逆に言えば、将来の夢のためにコツコツと歩いて行くことができる人間は強い。
あなたもご存知のとおり、3歳からプロ野球選手になるために野球をし続けた男。
将来のために全力を尽くせる男。
彼は大リーグで偉大な記録を残し続けた。


その男こそ、イチローだ。


彼は目の前の現実の快楽や問題に打ち勝ってきたのだ。将来の夢を勝ち取るために。





blogcopy2
[ 2013/02/07 18:59 ] 人物 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1512-c15ab1c9













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。