世界帝国ローマを苦しめた男 2~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界帝国ローマを苦しめた男 2

blogcopy4


世界帝国ローマを苦しめた男 2


前回、ローマ最大の敵と言われたハンニバルの話をした。
今回もカルタゴの将軍、天才ハンニバルの言葉をご紹介したい。


「最も重要なことをなし遂げるため、二番目に重要なことを無視する」


この言葉を読むとジャック・ウェルチの言葉を思い出す方も少なくないだろう。


ジャック・ウェルチの「(業界で)ナンバー1かナンバー2になる。これは目標ではなく、条件である。」という言葉だ。例え、うまく行っていても、業界でナンバー2に入らない事業は再建か閉鎖か売却などとしたのだ。


重要と言われる事業であってもだ。


ハンニバルは二番目に重要なことも無視したが、根本的な考えは同じだ。
重要であっても、それを切り捨てるということだ。


戦術家としても名高い2200年前の将軍ハンニバル。
そして、20世紀最高の経営者とも言われたジャック・ウェルチ
彼ら二人が同じように述べている。
真に重要なことにフォーカスするのだ。


追伸:3月末まで、非常に忙しく、ブログをきちんと更新できない時もあるかもしれない。
ご了承いただきたい。


blogcopy2
[ 2013/02/27 15:26 ] 人物 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1523-b0a63205













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。