ライオンを観た~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライオンを観た

blogcopy4


ライオンを観た


と言っても、動物園ではない。
ライオンキングだ。
劇団四季のライオンキングを観に行った。


読者の方もご覧になっている方は少なくないと思う。


1998年からスタートし、連続15年も続いている超ロングランの記録を持つ。
ミュージカルの世界の怪物だ。


でも、僕がライオンキングを観たのは今回が二度目。
初めて観たのはニューヨーク。
当時は驚きのあまり、数年もの間、衝撃を受けていた。
自分の中でのミュージカルの概念が崩れたからだ。


15年もの間
ずっと同じ内容を劇団四季は続けている。
それなのに、リピーターの人は数十回も観るというライオンキング。
楽しいというだけではない。
涙を流させるような内容ではないのに、感動させる。涙が出てくる。
そして、元気にさせるのだ。


人の感情を揺さぶり、感動させ、元気にさせる、
しかも、子供から大人までだ。
凄い作品だと思う。


ただ、このような作品を創るための努力は緻密なものだ。
ミュージカルで使う仮面などのパペットの操作もわずか5センチにこだわり、発生や音程なども1つの音でさえも、乱れないように歌っている。


「一音落とす者は去れ」


本番で、一音ずれた人は去れということだ。
名前は上げないが、実際に一音ずれたために次の公演に出れなくなった方もいた。


感動を生み出す緻密さ。真剣さ。
そうしたものは僕らも学ぶべきものだと思う。


参考までに動画をご紹介したい。
(動画は3年ほど前のものだ)








※業務多忙のため、3月末くらいまでは頻繁にお休みさせていただきます。


blogcopy2
[ 2013/03/10 18:54 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1534-9e1ddecf













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。