失敗の中で~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

失敗の中で

blogcopy4


失敗の中で


「イチローは凄いですね」
随分と前に僕はある知人に話した。


と言っても、僕が彼に話したのは「素晴らしい成績」だとか、そういうことではない。


成功ではなく、失敗。
彼の「失敗」についてだった。


当時、イチローは不調だった。
新聞やテレビなどあらゆるメディアは彼を叩いた。
「年齢のせいだろう」など様々な点で問題があると伝えていた。


その状況の中で、イチローは努力し続けていた。


それでも結果は出てなかった。


その時、


イチローは「調子はどうですか?」とある記者に聞かれる。
僕はそこで「調子は良くないね」などと答えるだろうと思っていた。
でも、実際は真逆だった。


「調子は良い」


そう答えたのだ。


絶不調の時にだ。


彼は続けた。
「結果は出ていないけれど、限りなく結果が出る状態に近い」
そう話していた。
強がっている風でもなく、自然に答えていた。


確かに失敗には2通りある。


乱暴に言えば、「成功に近い失敗」と「成功から遠い失敗」だ。
イチローは前者にあることを強く確信していた。


僕らの多くはある目標に達しないと失敗と考えてしまう。
でも、それでは何一つ前進していかない。
数多くの失敗の中で、どれが成功に近いかを見出す必要がある。


成功に近い失敗、成功から遠い失敗がある。
前進している場合もあるし、後退している場合もある。
それをきちんと把握することで、失敗の中で前進していくことができるようになる。


考えてほしい。
同じ失敗であっても、成功に近い失敗と成功から遠い状況では意味が違う。
近づいていると思えば、モチベーションだって継続する。


エジソンは次のように言う。


「人生における失敗者の多くは、
諦めた時にどれだけ成功に近づいていたかに
気づかなかった人たちである。」



イチロー、そしてエジソンが言うとおり、
失敗であっても、成功にどれだけ近づいたのかを意識することだ。
仮にあなたが失敗し続けても、成功に近づいているのであれば、それを理解し、その理由を押さえていけば成功に近づくことはできるし、モチベーションだって高まる。


ぜひ参考にしてほしい。


※業務多忙のため、3月末くらいまでは頻繁にお休みさせていただきます。


blogcopy2
[ 2013/03/12 19:12 ] 名言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1536-4f62039d













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。