孫子の兵法の5つの基本事項とは~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

孫子の兵法の5つの基本事項とは

blogcopy4


孫子の兵法の5つの基本事項とは


「孫子の兵法」


僕がこの本を読んだのは随分と前だ。
おそらく学生の時ではなかったと思う。


もう、何度も読んでいるが、読む度に発見がある。
何故か読む時によって発見するものが変わる。
自分の足りない部分が明らかになってくる。


その代表的な言葉をお届けしたい。
孫子の兵法の最初に出てくる文章だ。


「孫子曰く、一に曰く道、二に曰く天、三に曰く地、四に曰く将、五に曰く法」


非常に重い言葉だ。


軍事は国家の存亡をかける。
敗れれば死だ。
だからこそ、5つの基本事項に従って考えることだと言っている。


まずは、「道」だ。
進むべき「道」と考えれば良いだろう。
民(たみ)の意思を君主と同じにし、君主を疑わせないようにする「思想」のことだ。
それにより、民は君主と死さえもかけられる。


ビジネスで言えば、経営者から従業員までまとめる理念や考え方などだ。
カリスマな経営者であれば、従業員どころではなく、顧客にも影響を与える。
亡くなったスティーブ・ジョブズなどはまさにそうだ。
アップルが目指すべき道、追求する美など、企業以外にも伝わっていた。


次に「天」


天候、寒暖、四季の推移など天を考えて動くということだ。
頭に浮かぶのは諸葛孔明などが「風」を味方につけ、勝利するイメージだ。
「天」を敵にするか、味方にするかが大きいのだ。


ビジネスで言えば、トレンドと考えることができるだろう。
自分たちの力だけでなく、天の力を味方につけるのだ。


そして、「地」
これは本来、場所の遠近。
広さ狭さ。地形の険しさなどだ。


僕らで言えば、どこで戦うかだ。
有利な場所で戦うことだ。
広い場所が有利なのか、近い場所が有利なのか、
険しい場所が有利なのか、そういうことを考えていく。


次に「将」
これは当然だ。


少し失礼な話をすれば、経営者やリーダーに能力がないせいでうまく行かないビジネスを何度も見てきた。
特に中小企業などは本当にここにかかっている。
能力がない経営者では、能力の高い部下も活かされない。


最後に「法」だ。
軍法などだ。


僕らで言えば、規律だ。
この規律というのは「厳しい」ものという印象を受けるかもしれないが、律しもするが、守ってもくれる。バラバラになることを避け、規律で1つの方向に向けていくことができる。


この5つは非常に重要だ。
ぜひ、参考にしてほしい。


※業務多忙のため、3月末くらいまでは頻繁にお休みさせていただきます。


blogcopy2
[ 2013/03/16 13:16 ] 名言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1540-c35c7ffc













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。