シャネルが成功したワケ~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シャネルが成功したワケ

blogcopy4


シャネルが成功したワケ


ココ・シャネル


彼女のことはご存知だと思う。
世界有数のブランド「シャネル」を立ち上げた女性だ。


現在のシャネルは高級で華やかなイメージ
どれだけファッションに詳しくないとしても皆知っている。
まさに世界で最も豊かで、世界で最も強力なブランドだ。


ところが、彼女はその立ち上げたブランドとは違う。
幼少期は過酷だった。
孤児院と修道院で育ったのだ。


その彼女が4000人を超える大企業を創りあげ、現在では世界で最も豊かで最も強力なブランドだ。
ファッション界の豊臣秀吉のようなものだと僕は思っている。


1883年生まれ。幼少期に彼女の母親は早くに亡くなる。
しかも、父親には捨てられ。孤児院と修道院で育つことになる。


その状況で、彼女は「成功したい」という気持ちを強く持っていた。
でも、最初からファッション界に進むわけではない。
始めは芸能界を目指し、キャバレーなどで歌っていく。


ところが芸能界はうまくは行かない。
一時的にあきらめることにした。
いわゆる「失敗」だった。


でも、この「失敗」が大成功につながる。


彼女はその後、パリ郊外に住むことになる。
そして、趣味の程度で作った帽子が評判になる。
これがきっかけとなり、帽子専門店「シャネル・モード」を開店することになったのだ。


相当大変なことだった


1900年初期。
富裕層は働くこと自体をバカにしており、ましてや女性が働くことは信じられないことだった。
女性が働くことは本当に難しかったのだと思う。


孤児院育ちの彼女


学歴などもない。
計算もできない。
お金もない。
あるのは強烈な成功欲だったのだと思う。
しかも、社会は女性が男性社会で働くことに偏見があった。


その彼女が世界的な「シャネル」を創ったのだ。
その秘密はどこにあったのか?


それは


「差別化戦略」だった。


普通のことをやっていたら、成功などできるわけがない。
だからこそ、彼女はこう言った。
ココ・シャネルらしい「強い想い」のこもった言葉だ。


In order to be irreplaceable one must always be different.

-Coco Chanel


「かけがえのない人間になりたいのなら、
常に人と違っていなくてはならない。」



人と違うことだ。
常に人と違わなくてはならない。
人と同じであれば、そこら中にいる人と同じだ。
当然、かけがえのない人にはなれない。


※業務多忙のため、3月末くらいまでは頻繁にお休みさせていただきます。


blogcopy2
[ 2013/03/20 14:30 ] 名言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1544-ea4e5e63













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。