幸せになる方法~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幸せになる方法

blogcopy4


幸せになる方法


本日から4月1日


新年度を迎え、全国で企業の入社式などが行われた。
正月とは違うのだけど、4月1日もやはり気持ちがいい。


気分が引き締まる。


新しい環境に入る人もいるだろう。


これまでと同じ環境の人もいるだろう。


でも、いずれにせよ。
新しい気持ちでやっていきたい。


さて、前々回から
18世紀フランスの哲学者 
ジョセフ・ジューベルの言葉を紹介している。


本来は、土日のために書いたのだが、彼の言葉でもう少しご紹介したいものがある。
なので、今お話している「老子との対話」をお休みし、ジューベルとの対話をしていきたい。


3つのタイプ


人には3つのタイプの人がいる。


「前進する」と考える人
「後退する」と考える人
「立ち止まる」と考える人


あなたも僕もこの3つのどれかに入る。


でも、実は「後退する」のも「立ち止まる」のも同じだ。
思い悩み、苦しむ人は後退する人か立ち止まる人だ。


「立ち止まる人は後退していないのだから、問題ないのでは?」


そう思うかもしれないが、実はそうではない。
前回、話したとおり、時はいっさいのものをゆっくりと破滅する。
当然、立ち止まって何もせずにいることは後退することと同じなのだ。


だが、「前進する」人は違う。
そのような人は幸せだ。
例え、現在の環境がどうであれだ。
どんなに悲惨な状況であっても、周りから見て過酷な状態であっても、多くの逆境があったとしても、前に進もうとしている人は未来を見ている。
「輝く未来」にフォーカスしているのだ。
当然、幸せだ。


自分は「良くなる」「良くする」と信じていれば、いかに厳しい状況でも人は笑ってられるし、喜びを感じることができる。


環境に恵まれていても「悪くなる」「悪くする」と考えている人はダメだ。
その恵まれた環境でさえ、悲惨な状況に感じられるものだ。


これは自分の未来を良くする悪くするというものだけではない。
「何か」の未来を良くするとか悪くするというものも同じだ。


ジューベルは次のように話している。


「すべての庭師は美しい場所に生きている。なぜなら、彼らは庭をそのような美しい場所にするために活動しているのだから。」




庭師は「未来」の庭を良くする(美しくする)
「前進する」人、「未来を良くする」人だ。
だからこそ、美しい場所に生きているといえるのだ。
例え、今が美しくなくともだ。


未来を今よりも素晴らしいものにする。
それが非常に重要だ。


未来をより良いものにしていく。
その意識があれば、人はどのような逆境にいても笑っていられる。
あなたと僕の未来も良いものにしていきたい。
今がどうであれだ。


blogcopy2
[ 2013/04/01 15:06 ] 名言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1556-7814c213













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。