何かをマスターする方法~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

何かをマスターする方法

blogcopy4


何かをマスターする方法


あなたには何か学びたいことはあるだろうか?


このブログを読んでいる方だ。


「マーケティングを学びたい」とか
「ダイレクト・マーケティングを学びたい」とか
「ネットビジネスを学びたい」
「コピーライティングを学びたい」
「商品開発を学びたい」
「集客の方法を学びたい」など


きっと何かをマスターしたいはずだ。


この「マスター」をする時、やってしまいがちなのは情報の収集で終えてしまうことだ。
何かを読み、それで終わりだ。
でも、それは昨日のランチのように忘れられていく。


「あなたは昨日の昼に何を食べましたか?」


昨日の昼であれば、まだ答えられるだろうが、それが先週の火曜日のランチなどと言われるとまず思い出せない。人は忘れるものなのだ。
その意味で情報の収集で終えてしまったら、何も意味がない。


だからこそ、僕が常にオススメしているのは


「実践」


行動しなければ、情報は意味を持たない。


僕らは評論家を仕事にしているわけではないのだ。
世間話をしたいわけでもない。


あなた自身が「これは凄い」と感じたら実践することだ。


もし、それが実践できない状況にあるならば、まずは


人に教えることだ


教えることは学ぶことにつながる。


そもそも、教えるということは
それを教えるために頭の中が整理されていなければならない。
教えているうちに整理されていく部分もあるだろう。


さらに、教えているとあなたが受けることになるのが


予想もつかないような質問


自分一人で学んだ時には考えもつかなかった疑問
それが教えた人から上がってくる。
その質問によって多面的に学ぶことにつながる。


だからこそ、誰かに教えることだ。


教える人がいないという人もいるかもしれないけど、必ずいる。
今やネットがあるのだ。
教える機会は無限にある。
このようなブログだってあるし、ネット上で教えることは何だってできる。


自分がマスターしたい場合は教えればいいし、
部下などの他人にマスターさせたい場合は教えさせればいい。
そうすることで、そのことに対する知識は整理され、理解が深まる。


ジューベルは次のように話している。


「教えることは、二度学ぶことである。」




追伸:老子も大好きなのだが、ジューベルも良い。
まずはジューベルをお話したくなってしまった。笑


blogcopy2
[ 2013/04/02 12:09 ] 時間 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1557-3acfaa9e













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。