成功の道を駆け抜けろ!~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

成功の道を駆け抜けろ!

blogcopy4


成功の道を駆け抜けろ!


真っ暗闇の中、ヘッドライトもつけず、車を飛ばしたことはあるだろうか?


しかも、時速100キロを超えるスピードで。もちろん、スピード違反だが、そんなのは構わずさらにスピードを出して行く。
前方は真っ暗。全く見えない。


いつ、何が現れるか分からない。
急にカーブが現れるかもしれないし、崖かもしれない。人や動物が現れるかもしれない。


「死ぬかもしれない」


その恐怖感を感じながら、スピードを出しまくる。あなたはそんな経験をしたことがあるだろうか?


「そんなことしたことはない」


そう思うだろう。
ライトはつけるし、ライトがつかないなら、そもそも車で走らない。
走らせるとしても、様子が分かる範囲のスピードでゆっくりと走る。臆病にだ。


そう答えるだろう。


でも、これはあなたのことかもしれない。


実は僕が見てきたネットビジネスやダイレクトマーケティングはこうなっていることが少なくない。


何をすると、成功するのか、失敗するのかさえ分からずに広告費を投入する。


大手企業の場合、数百万どころか、数千万円、数億円を投下して勝負する。


成功も失敗も分からないのにだ。
それはまるで暗闇だ。


どこにリスクがあるか分からないのに時速100キロを超えるスピードで飛ばすように大金を投下していく。


「暗闇でヘッドライトをつけずに時速100キロで飛ばす」


実際にはその状況よりはるかにリスクがある中、ビジネスを展開していく。


では、どうすればいいのか?


特に起業したり、新しいビジネスを展開する方にとって、ビジネスは暗闇だ。
何が成功するか、失敗するか分からない。
でも、暗闇の中、車を走らせないでいると、ビジネスは何一つ前進しない。


車の中でじっとしていても、時間や体力は消耗する。ビジネスも同じだ。じっとしているだけでは何も生まないだけじゃない。
消耗していく。お金も時間も労力もだ。


なので、勇気をふり絞り、前進させる。
ただし、時速100キロではない。
確認しつつ、ゆっくりと前進させる。


時速100キロで飛ばして、崖の下に車と共に転がり落ちるようなことは避け、臆病に前進する。「暗闇」の中、障害物を見つけ、少しでも明るい道を探すようにだ。


少し話は変わるけど、


ビジネスの話をしたい。


僕はある企業のビジネスで毎月100以上の広告クリエイティブを試していた。プロモーションの数は月間100近く。実際には重複もあるけど、乱暴に言えば、1ヶ月に10000パターンだ。1年間展開したら12万パターンになる。


僕が考える「成功」というのは、そのうちの最高のものだ。
つまり、たった1つだ。
最高の効率で顧客を獲得できる広告それが「成功」という意味だ。
(これは広告だけではない。サイトだって、パンフレットのようなものだって考え方は同じだ)


そして、次からはその最高効率(効率1位)のものを追い抜こうとして試行錯誤する。
でも、追い抜くのはより難しくなる。
12万パターンもの試行錯誤から生まれた1位のものだ。そう簡単には抜けない。


苦労に苦労を重ね、1年が経った時、数回はその1位のものを追い抜くことができる。


そして、
5年が経過した時


圧倒的な効率の広告が完成する。
その広告クリエイティブを使うと競合を圧倒する効率の成果が得られる。
圧倒的にだ。
まさに業界トップクラスと言われるクリエイティブはこうして出来た。
ひたすら繰り返し、本物を探して行く作業だ。華やかではない。笑ってしまうくらい、地味な仕事だ。


そして、これが見つかるようになると、時速300キロで飛ばすことも可能になる。
数億、数十億、場合によってはそれ以上の広告費を投下できるようになる。
暗闇ではなく、本当に明るく、真っすぐの道が続き、そこをフェラーリの458イタリアで飛ばすようなことが可能になるのだ。


では、「失敗」とは何か?


「成功」はトップのものだった。
では、失敗は何か?


実はそれ以外全てだ。
広告予算が毎年変わらないということはないので、そんなに簡単ではないが、1年間に12万パターンの広告クリエイティブを展開したなら、5年間で延べ60万パターンを展開することになる。


成功が1つだとしたら、失敗は599,999。つまり、成功確率は0.0002%ほど。逆に失敗確率は99.9999%ほどだ。
つまり、1勝9敗どころではない。
失敗だらけだ。


もちろん、ここに知識や経験があれば、その確率を高めることはできる。最高ではないが、途中の段階での成功もある。
でも、失敗だらけなのだ。


事実、ある広告予算がある企業で日本トップクラスと言える専門家が集まり、ドリームチームのようなチームを組んだ場合でも、間違いなく言えるのが最初から成功した事例は僕の経験では見たことがない。


まず、多くの失敗が続く。


実は先ほどの例は大手だ。
起業したばかりの方であれば、それがさらに厳しくなる。ブランド力もないのだ。


まさに失敗だらけ。失敗につぐ失敗だと思ってほしい。厳しいが、それが事実だ。


優れたマーケティングを展開する企業の「顧客獲得単価」などを知って、「その数値で行ければ、うちは儲る」などと言って、致命傷を負うような広告費に投下してはいけない。
それは勇気ではなく無謀だ。


優れたマーケティングを展開する企業のその顧客単価は膨大な失敗の中から積み上げたものだ。それはあなたの顧客単価ではないのだ。


机上の空論で描いた目標が達成できるなど思わないほうが良い。


ほぼ全てのケースで大量の失敗を経験することになる。その失敗の中で何も考えずに前進したら、暗闇の中、ヘッドライトをつけずに走ることになる。


そうではない。
簡単なことだ。


失敗の中のトップ、上位の効率のものを見て、それを追い越すようにすることだ。




平均値や中央値を見る方法もあるけど、「平均を超えた。だから良かった」と満足していてはダメだ。
そうではなく、常にトップにあるものを意識することだ。


その意識で試行錯誤を繰り返せば、確実に成功に近づく。
確実にだ。
それでこそ、失敗が大きな意味を持つことになる。


よく「失敗も意味がある」とか「経験も必要だ」などと言って、何もしない人もいる。
それは言い訳でしかない。
何もしないなら、勉強なんて言う資格もない。


そして、重要なこと


もし、これまでで最高の成果を出す「成功」を見つけたら、歯を食いしばってでも、その「成功」を手放してはいけない。
「成功」は貴重なのだ。


「ふーん、良かったじゃん」とのんきにしている場合じゃない。
必死になって、それを腕で抱え、守ることだ。何万もの試行錯誤でなくとも、1000程度の試行錯誤でも、0.1%の成功確率の状況で見つけたものなのだ。


それは暗闇の中でのヘッドライト。
もしくは明るい道だ。
行く先がパーッと晴れる。
気持ちよいくらいだ。


そして、その次にさらに明るくなる道を探すように試行錯誤を続けることだ。
あなたの道がきっと明るくなる。


気がついたら、晴れた道になる。
まっすぐの道、安定した道になる。
そうなったら、フェラーリで時速300キロで思い切り飛ばしてほしい。
爽やかな風の中でだ。


道2


blogcopy2
[ 2013/04/18 13:25 ] 売上増大 | TB(0) | CM(1)



感動しました^^

感動のあまり勝手に私のブログにリンク追加して、twitterもフォローいたしました^^

橋本様にもリンク貼っていただけるよう精進いたします^^
[ 2013/04/18 21:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1573-e12b2198













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。