不安なことを解決する1つの方法~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不安なことを解決する1つの方法

blogcopy4


不安なことを解決する1つの方法


「あれって、どうすればいいんだろう」


ビジネスでも何でもそうだけど、
どんな人にも不安なことはある。


「俺は今、順調だけど」


そう思っても
確実に不安なことはやってくる。


順調な時もあれば、そうでない時もある。
不安なことは確実にやってくる。


いつも元気そうな人もいる。
そのような人も悩みを話すか話さないかは別だけど
悩むことはあるだろう。


特に新しいことを試みればそうだ。
今まで経験したことがないことを挑戦した時など
どうしたって、不安はある。


ただ、程度がある。


そう話すとストレス耐性みたいな話になるが、
僕が見ていると、悩んでいる方々にはある特徴がある。
それは


考えていない


「考えていない」ということだ。
こう話すと、反論が来そうだ 笑


「橋本さん、あなたは間違っている。悩んでいるのだから、考えているに決まっているだろう」
そう思うかもしれない。
でも、僕はそうは思わない。


確かに悩んでいる人は24時間、四六時中、悩んでいるかもしれない。
その悩みで頭の中がいっぱいになっているかもしれない。
それは事実だろう。


そのような人は他人の話など聞かず、上の空になっているかもしれない。
家族といようが、他の誰かといようが、彼らの話が頭に入らないほど、そのことが気になって仕方がない。それほど悩んでいるかもしれない。
夜、寝ていても、その悩みから目が覚めてしまったり、そもそも眠れないかもしれない。


でも、「考えてはいない」


何を考えていないのか?
それは「解決策」だ。


彼らは解決策を考えてはいない。
ひたすら、悩み自体に集中し、そこでとどまっている。
じっととどまり、動こうとしないのだ。
当然、解決などせず、悩みは長期間続く。


悩みではなく、解決策を考えることだ。


具体的に言えば、
まず、紙に悩んでいることを1つ書いてほしい。
その1つの悩みに対して、どのように解決すればいいのか?
解決策を100以上考えてほしい。


頭の中じゃない。
頭の中じゃ意味がないのだ。


実際に紙に100以上書き出すことだ。
どの解決策がいいかは次の段階だ。
その前に解決策を書きまくる。


1つの問題に対して、解決策が100以上並ぶ。
見えなかった解決策がいきなり見えてくる。
それに視覚的にも、その悩みは大したものではなくなる。
1つに対して、100以上もの解決策があるのだ。
この程度のことは解決できるなという感覚になってくるのだ。


そこまで来たら、あなたの強み、企業の強み、ビジネスの強みなど。
強みと解決策を結びつけ、様々な面から判断していけばいい。


本田宗一郎ではないが、「不得手なことは一切やらず、得意なことだけやるようにしている」と言う通り、それを実行していくことだ。


悩むのではなく、考えることだ。
多くのことは解決できる。


blogcopy2
[ 2013/04/21 11:56 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1576-f5ba0d2b













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。