柳井正氏の5兆円ノート~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

柳井正氏の5兆円ノート

blogcopy4


柳井正氏の5兆円ノート


随分と前になる。


ある雑誌にアスリートたちのノートが公開されていた。
野球、サッカーなど、あらゆるアスリートが登場し、自身で作成したノートを公開していた。


驚きだった。


数十冊にもなったノート。
そこに一つ一つの気づきが書き綴られていた。
練習を終えた後、多くの気づきを書き綴り、それを翌日実践する。
そうして、常に理論と実践を積み重ねていた。


ノートはその年月を物語るように白いノートは茶色がかっていた。
でも、その中身は本当に詳細に書かれていた。
プレイのこと。トレーニング法。
気づいたことを詳細にだ。


このことを思い出すと僕は自分の後輩を思い出す。
彼はあるスポーツで国内有数の選手だった。
その彼が僕に話した言葉で今も記憶に残っているのが
「筋肉の一つ一つの動きさえも研究しています」ということだった。


アスリートも研究しているのだ。
その時にその必要性を強く感じた。


僕らの多くは知識労働者
アスリート以上に情報や知識などを整理しなければならない。


そう考えて始めたこと。


それはノートではなかった。
データベースの構築だった。


手書きのノートは確かに良い。
手で書いた時に脳に刻み込まれる感覚があるし、非常に良いだろう。
でも、僕はそれさえも無駄になる部分があるような気がしていた。
そこで、コンピューターの中に自分の脳を作ることを考えた。


以前も話したけど、僕は1日1冊などと決めて、本を読んだりしていたが、その多くは忘れていく。
もちろん、僕が天才じゃないからだけど。多く凡人は同じように忘れていくはずだ。


本の内容が良くないというわけではない。
読んでいる時は非常に有益だと感じている。
もっと言えば、その内容を読んで、「これはいい!」とそれに取り組もうと思っているものもある。


それでも、そのうちに忘れてしまう。


数時間かけて、読んだ本。
大切なものでさえ、そのほとんど全て失われるのであれば、それを読むのに費やした時間はどこに行くのか?
そう考え、取り組んだ。


もともと、僕は「ノート」をつけていた。
ただ、先ほどのアスリートのようにまとめるためのものじゃない。


日々、自分の経験したこと。学んだこと、考えたことなどを書いていく。
この情報、この知識が成果につながったなど。そうしたことが分かったら、次々に書いていく。
とにかく、脳にあるものを全て書きだす。
問題や悩み、喜びなども書いていく。


それらも含めてデータベースに入れていく。
成果に対して効果のあった情報や知識、方法は何か?
問題点に対して効果のあった情報や知識、方法は何か?
実際に自分でやってみて、成果が上がったのか?など。
書籍や情報、気付きだけでなく、それを成果と結びつけるのだ。


こうすることで、全ての経験が無駄にならない。
何かをやる時に一瞬に過去の経験が使えるようになる。


当然、読んだ本も無駄にはならない。


「そんなの面倒だ」と思うかもしれない。


でも、そうではない。
データ化をすると、不思議とそこでまた頭に入る。
おそらく、読む行為とパソコンで打つ行為が違うからだろう。
脳に刻まれるように頭に入っていく。


今日、それが重要だと再確認する記事を見つけた。


日経新聞のサイトにあったユニクロ柳井社長に関する記事だった。


「柳井正の5兆円ノート」という記事だ。


記事「柳井正の5兆円ノート」
※会員登録専用の記事なので、ぜひ、登録をしてご一読いただきたい。


柳井氏は幹部候補生たちにB5サイズ、170ページの冊子を配った。
それが「経営者になるためのノート」だ。


「会社の使命と成果が結びつくことが経営の原則」
「成果とは約束したこと」などと柳井氏の経営論が書かれている。


柳井氏はこのノートづくりに数年をかけたということだ。
簡単に書き上げたものではない。


日本電産の永森社長、ソフトバンクの孫社長、セブン&アイの鈴木会長、スターバックスのハワード・シュルツ会長兼社長など、柳井氏が尊敬する経営者を自ら訪ね歩いた。
そして、集めた経営論をまとめ、自らの経営論を組み合わせたノートなのだろう。


柳井氏は言う。


「これは僕の教科書だが、自分なりの考えを書き込み、自分の教科書を作ってほしい」




僕はノートというより、データベース作りだったが、いずれにせよ。重要だ。
僕らは知識労働者だ。
その意味で、それを自分なりにまとめておくことは、自分が戦う上で非常に強力な武器になる。


ぜひ、取り組んでほしい。
面白いほど、情報の無駄がなくなっていくだろう。


Revision notes
Revision notes / jez`



blogcopy2
[ 2013/05/13 12:06 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1597-939c386b













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。