不可能か?~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不可能か?

blogcopy4


不可能か?


「僕には電話するお金さえない。向こうは金持ちなんだ」



スティーブ・ジョブズ


【橋本解説】ジョブズは15歳の時、非常識な行動をとる。ある日、ちょっと特殊な部品が必要になった。それはお金がかかるし、通常では手に入らない部品。そこで彼はデトロイトのバローズ社にコレクトコールをかけ、学生であることを隠し作り話をする。「今、新製品を設計中で御社の部品もテストしたい」と部品の提供を頼んだのだ。

部品は数日後、航空便で届いた。先生に「どうやって手に入れたの?」と聞かれたジョブズは、コレクトコールや作り話を自慢げに話した。先生に「生徒がしていいことじゃありません」と怒られたけど、ジョブズは譲らなかった。「僕には電話するお金さえない。向こうは金持ちなんだ」と譲らなかった。

この行為が正しいかどうかって言えば、作り話だ。正しくはない。真似しないでほしい。でも、普通は「この部品はお金もかかるし、手に入りにくい。仕方がない。諦めよう」となるのが大半だろう。15歳の子どもなのだ。大人だって大半は諦めてしまうだろう。

でも、「何でもできる、何でも作れる、何でも理解できる」とある種の信念をもつジョブズ。ここでも実現させてしまう。自分の力では無理でも他人の力、他人のお金を使ってもだ。仮にあなたが「これは無理だろう」と思っていることも、ジョブズはあなたにこう言うかもしれない。「何でもできると考えることだ。そうすれば、必ず道は見えてくる」と。

ゼロから時価総額世界1の企業を創った男の物事を現実にする力は既に子ども時代にも見られる。
経験もない。実績もない。でも、「できる」と信じているから「できる」のだ。

質問:もし、あなたが「無理だ。不可能だ」と思っていること。それは本当に不可能なのだろうか?あらゆる手段を考えただろうか?

参考:Steve Jobs The Exclusive Biography


jobsBLOG.jpg


blogcopy2
[ 2013/10/15 17:18 ] 名言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1709-88881944













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。