二人の女子高生~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二人の女子高生

blogcopy4


二人の女子高生


先日、メトロで席に座ってたら、二人の女子高生が僕の前に立ってました。僕は仕事のことを考えていたんだけど、彼女らの元気のいい声がそれを邪魔する。

仕方なく聞いていると、二人はどうやら全国大会に出場する駅伝の選手で先輩と後輩。

先輩のAさん(勝手にAさんと呼んでいるけど 笑)は既に全国大会出場の経験があり、優れた選手。そして、後輩のBさんは全国大会は初めてらしい。

で、印象に残った会話があったんですよね。

初出場の後輩Bさんが「全国大会、本当に緊張します。練習をしっかりやって、本番でどれだけ練習以上の力が発揮できるか、それが勝負ですよね」そう言ったんです。

Bさんの「練習をしっかりやる」、「本番で練習以上の力を発揮する」という闘争心を感じさせる言葉を聞きながら、「この必死さ、やっぱり全国レベル」などと思ってました。

でも、既に全国大会に出場し、優れた成績を出してきたらしい先輩Aさんはさらに凄かった。こう言ったんです。

「本番になると、『あれ〜、どこまでも走れるんじゃないか?』って思えてくるから、本当に気持ちいいよ。大丈夫だよ」と笑顔で言ってました。

励ますための言葉か、本気でそう思っているのか。僕には分からないけど、この眩しさに後輩Bさんの心配そうな表情は途端に明るくなり、安心した顔になってました。いや、Bさんだけじゃないかな。あの場にいた大人たちも明るくなった気がします。もちろん、僕もですが。。あの二人には頑張ってほしい。

「あれ〜、どこまでも走れるんじゃないか?」と本当に気持ちよく仕事をしていきたいですね。



ekiden.jpg



blogcopy2
[ 2013/10/16 11:28 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1710-0297d90f













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。