我が道をゆく~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

我が道をゆく

blogcopy4


我が道をゆく


「スタンフォードに行くのは、自分のしたいことがわかっている学生だ。そんなのアートじゃない。僕は、もっとアートなこと、もっとおもしろいことがしたかった」



スティーブ・ジョブズ



【橋本解説】ジョブズは養子だった。ジョブズの両親は実の親と「大学に進学させる」ことを約束してジョブズを養子にした。その約束を果たすため、必死に働き、ジョブズがハイスクールを卒業するころには、なんとかお金が貯まっていた。

でも、問題があった。ジョブズだ。彼は我が道をゆくタイプ。問題はややこしかった。最初はジョブズ本人が「大学になど行かない」と言うのだ。そして、ジョブズは「学費」が優遇されるカリフォルニア州の大学を拒否し、「奨学金」があるスタンフォード大学も拒否した。ジョブズはこう言う。

「スタンフォードに行くのは、自分のしたいことがわかっている学生だ。そんなのアートじゃない。僕は、もっとアートなこと、もっとおもしろいことがしたかった」

ご存知のとおり、スタンフォードは世界屈指の大学。スタンフォード大学の卒業式でのジョブズのスピーチが有名だけど、彼はスタンフォードに入学したわけでも卒業したわけでもない。むしろ、そんな大学に行くのは「決まりきった人生を歩む連中だ」と言っていた。「彼ら」はアートじゃないとも。決まった道を歩むのではなく、ゼロから生み出すような道を彼は求めていた。世間や周囲の評価、学歴など、全く気にしない、「我が道をゆく」のがジョブズだった。

悪く言えば、究極の「わがまま」だ。
ジョブズのことが大好きな僕でさえ、彼は究極のわがままだと思う。でも、彼が「わがまま」でなかったら、アップルは今のアップルにはなりえなかっただろう。
両親は経済的に恵まれていなかった。にもかかわらず、学費が優遇されるような大学を全て拒否した。しかも、ジョブズが行ってもいいといった大学は学費が高いオレゴン州のリード大学だった。ジョブズのこの「わがまま」に両親もあきらめるしかなかった。

でも、彼の「我が道をゆく」力、「わがまま」な力、それがアップルを成功させる力になっていく。他人の考えや意見や評価に合わせるのではなく、自分の考えを推し進め、皆が「無理だ」「不可能だ」という逆境さえもねじ曲げてしまう「我が道をゆく」力。それが強力な「アップル」を作り上げていく。

【今日の質問】あなたの目標実現を妨げる「他人の視線、言葉、評価」を気にしていないだろうか?他人のことを無視しろとは言わないけど、目標実現を妨げるものまで気にする必要はない。

参考:Steve Jobs The Exclusive Biography


jobsBLOG.jpg


blogcopy2
[ 2013/10/18 12:08 ] 名言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1712-72c008c7













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。