ニッチの基本2~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニッチの基本2

売上、利益を増大したいあなたへ
ビジネスを数値で徹底検証するダイレクトマーケティングの視点から、売上、利益を増大させる情報を提供する。
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)


ニッチの基本2


前回は全ての人を相手にする必要はない。
そう説明をした。


全員を相手にしていては効果的なビジネスは展開できない。
お金も時間も労力の面でも非効率なビジネスになる。
それだけではない。
顧客にとっても、中途半場な企業や商品になる。


もちろん、例外はある。
業界最大手の企業などであれば
そこから、ある程度広げる必要が出てくる。
それでも、広げすぎると中途半端なものになるリスクが高まる。


注意が必要だ。


先日
ある起業家の方と食事をご一緒させていただいた。
その起業家の方は非常に優秀な方だ。


今後、方向性をお伺いさせていただいたが、非常に優れたビジネスだった。
機会があれば、このブログでもご紹介させていただきたい。


その時、その起業家の方に
あるニッチ企業をご紹介させていただいた。
その企業とは


ハードロック工業株式会社


「ニッチ」の事例として最適な企業なので今回ご紹介したい。


ハードロックと言っても
音楽関係の企業ではない。


ナットの会社だ。


でも、ナットというニッチな市場を攻めているわけではない。
もっと狭いのだ。
「緩み止めナット」というニッチな市場を攻めている。


ハードロック工業株式会社の社長 若林克彦氏


もともとは設計技師として働いていたが
その後、独力で緩み止めナットを開発し
28歳で起業。


その後、楔(くさび)の原理を応用した
「ハードロックナット」を開発した。


この「ハードロックナット」
昭和51年が大きな転機だった。


関西の大手私鉄、阪神電鉄の脱線防止レールに「ハードロックナット」が採用されたのがスタートだ。
通常、電車のレールはナットの緩みを防ぐため、「増し締め」を月1回実施しなければならない。
徐々にナットが緩んでくるからだ。多くの人員により、締め直す必要があるのだ。


でも、ハードロックナットは違った。
この緩み止め効果は最強だった。


ハードロックナットを使えば、設置当初は既存のナットより割高だ。
だが、その後の人件費は大幅に削減された。締め直す必要がないからだ。


つまり、「安全性」と「経済効果」の両方を満たすことができたのだ。


これにより発注量は驚異的に増えていった。


当時、市場に出回っているナットはたったの10~20秒でゆるんだ。
でも、ハードロックナットは17分しても全く緩まなかった。
NASAの振動試験でも、60分以上緩みが発生しないことが実証され、世界を見渡しても例がないことが実証された。


世界にもない。
非常にニッチな緩まないナット。
ナット以上にニッチなのだ。


このニッチにフォーカスしたからこそ、
資金と時間と労力を集中させ、ハードロックナットを最強の性能にすることができた。
その性能の高さとメンテナンスフリーの経済効果
この2つが認知され、JR東日本をはじめてとする大手私鉄のレールや高速道路、高層ビルや車両や造船など多岐に渡り、広く採用されるようになったのだ。


ナットでもニッチ。
でも、緩まないナットだとさらにニッチだ。
非常にニッチだ。
でも、その「緩まないナット」でさえ、これだけの可能性がある。


そして
東京スカイツリー
瀬戸大橋
英国・台湾高速鉄道
国内外に注目される企業になっていった。


ここは特に押さえていただきたいのだが
商品や市場を限定すれば
そこには第一人者がいない可能性がある。


第一人者になれば良いのだ


今回の話は、ハードロック工業株式会社のHPなどを参考にさせていただいたのだが、
若林社長の声を最後にお届けしたい。


「商品というのは、生き物なんですわ。
植物と同じ。
実績のない新製品というのは、どんなに優れたモノでも、マーケットを生き抜くだけの力を持っていないから、植物を育てるように種を蒔いた後も、水や肥料をやったり、環境を整えてやらないとすぐに死んでしまう。
商品に魂を吹き込んでやるのは、やっぱり人なんです」



ニッチであってもこれだけの気構えが必要だ。
商品に魂を吹き込むというのはたった一つの商品であっても容易ではない。


そう考えると、中小企業でたくさんの商品、たくさんの市場を狙ってはうまく行かない可能性が高い。
どれも二流。
売れるものにはならない。


商品に魂が吹きこまれていないのだから、当然なのだ。


※今回のような記事だけでなく
ネット起業塾ではネットビジネス及び起業に関する内容を動画(ビデオ)で説明している。
「ネット起業塾」の申込みはコチラ(無料)
この起業塾の登録は今なら無料
しかも、全回ビデオがついているので、お勧めだ。



 ネットビジネスでの集客、売上に困っているあなたへ
ネットで起業、ネットで販売、ネットで集客を成功させるマーケティングをマスターする「起業塾」
100億円超の売上を上げてきたネットビジネスの中で特に重要な基礎知識を動画で解説(無料)する「起業塾」

banner5



■ 確実に押さえてほしい知識「売れるサイトを作る方法」

「ビジネス・情報」ランキング1位。高い評価を頂戴しているプログラムです。
サイトだけではなく、メルマガなどにも使えるプログラムです。
(infocart 2010/10/28付「ビジネス・情報」ランキング)

20101028ranking1

この内容を用いたサイトで実際に年商2億円の売上を上げた経営者の方にヒアリングをさせていただく機会があった。そちらも読んでほしい。

→ヒアリング内容についてコチラ
→「売れるサイトを作る方法」はコチラ



■ コンサルティングを体験

イノベーションコンサルティングのコンサルティングを体験したい方は
まずはこちらから、ご連絡をお願いします。

「体験コンサルティング」はコチラ




※少しでも参考になった方はこちらのクリックをお願いしたい。内容について不明な点、ご意見などがあれば、メールフォームから連絡をいただきたい。
ブログにて、説明をさせていただきたい。
参考になったら、クリック


現在の当ブログのランキングをご確認ください。
(過去最高順位は下記のとおり)
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)
経営ブログランキング5位(最高順位)
[ 2011/06/03 21:11 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/872-19a142c7













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。