売れるアイデンティティの基本6~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

売れるアイデンティティの基本6

売上、利益を増大したいあなたへ
ビジネスを数値で徹底検証するダイレクトマーケティングの視点から、売上、利益を増大させる情報を提供する。
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)


売れるアイデンティティの基本6


今朝はずっと食品業界の対応をしていた。
この業界も興味深い。
分析結果で興味深いものを見出したので、機会があればそれもお伝えしたい。
では本題の「アイデンティティ」の話をしていきたい。


前回はアイデンティティをさらに強化する方法をお話しした。


まずは「AIDMA」


ご存知のとおり、サミュエル・ローランド・ホールの消費者の心理のプロセス。
本来、AIDMAは広告宣伝について考えるべきものだ。
でも、企業のアイデンティティ、商品、もちろん広告についても使える。
あらゆる要素のAIDMAが同じ方向に一貫性を持たせ、効果的に働くからこそ、強力な力になる。


ここでは質問を5つあげた。
それを自らに投げかけて欲しい。
それにより、何が十分なのか?もしくは何が不十分なのかが見えてくるだろう。


「あなたのアイデンティティは顧客の注意をひきつけるものか?」
「あなたのアイデンティティは顧客の関心をひきつけるものか?」
「あなたのアイデンティティは顧客の欲求をひきつけるものか?」
「あなたのアイデンティティは顧客の記憶に刻まれるものか?」
「あなたのアイデンティティは顧客の行動を促すものか?」



では、今回はアイデンティティをさらに強化する方法
特に「差別化できる強み」を実現する方法について、お話していきたい。


アイデンティティに関する書籍や資料、それにネットの情報に目を通してほしい。


以前、お伝えしたコーポレート・アイデンティティ
それにブランド・アイデンティティ。さらにそれらの説明の中には「理念」やら「コーポレートカラー」やら「ロゴデザイン」などの専門的な言葉が次々と述べられている。


でも、それは覚える必要はない。


究極的に言えば


顧客との「全接点」で「強み」を伝えていく


それだけだ。


これは以前お伝えしたとおりだ。
少し詳しく説明したとしても


顧客との全接点で「差別化」を実現する「強み」のアイデンティティを伝えて行く。
それを全接点で長期間「一貫」したアイデンティティを伝えて行く。
前回のAIDMAを反映した内容にしてくれればなお良い。



ただ、ここで少し加えたいことがある。


それは「強み」を実現する


「考え方」や「行動」


自社の「考え方」と「行動」を「強み」に合致したものとすることが重要になってくる。


ここで注意してほしいことは実際にあなたの企業の「考え方」や「行動」がどうであるかではない
顧客からどう見えるか?どう聞こえるか?どう感じられるかだ。
顧客から見える、あなたの企業の「考え方」や「行動」がその「強み」を生み出すものであることが重要だ。


「考え方」


文字通り、考え方だ。
「理念」だったり、「価値観」。サイト上に掲載している「代表者の挨拶」「社員の考え方」なども含まれる。
でも、これらも1つ1つ覚える必要はない。
要は顧客との全接点にある自社の「考え方」だ。
それを次の質問で確認してほしいのだ。


その「考え方」は顧客の欲する「強み」が最大限反映されているか?(顧客)
その「考え方」は競合に優っている「強み」が最大限反映されているか?(競合)
その「考え方」は「強み」が最大限生み出す専門性があるか?(自社1:専門性)
その「考え方」は「強み」が最大限反映されているか?(自社2:強みの反映)
その「考え方」は「強み」をより強化する考え方か?(自社3:成長、イノベーション)



「行動」


「行動」も同様だ。
(この「行動」には「商品」開発や選定、またプロモーションなどが含まれる。)


その「行動」は顧客の欲する「強み」が最大限反映されているか?(顧客)
その「行動」は競合に優っている「強み」が最大限反映されているか?(競合)
その「行動」は「強み」が最大限生み出す専門性があるか?(自社1:専門性)
その「行動」は「強み」が最大限反映されているか?(自社2:強みの反映)
その「行動」は「強み」をより強化する考え方か?(自社3:成長、イノベーション)



これらの質問を自らに投げかける。
それにより、あなたの企業の「考え方」や「行動」に
顧客が欲する「強み」が反映され
競合に優っている「強み」が反映され
専門性を持ち、それが常に高まる「強み」が反映される。

それにより「差別化できる強み」が実現される。


でも、ここで1点、注意すべきことがある。
それを次回説明していきたい。


※例の売上増大交流会については既に参加者の方にはご案内させていただいてる。
ご不明な点はお問い合わせいただきたい。


※今回のような記事だけでなく
ネット起業塾ではネットビジネス及び起業に関する内容を動画(ビデオ)で説明している。
「ネット起業塾」の申込みはコチラ(無料)
この起業塾の登録は今なら無料
しかも、全回ビデオがついているので、お勧めだ。



 ネットビジネスでの集客、売上に困っているあなたへ
ネットで起業、ネットで販売、ネットで集客を成功させるマーケティングをマスターする「起業塾」
100億円超の売上を上げてきたネットビジネスの中で特に重要な基礎知識を動画で解説(無料)する「起業塾」

banner5



■ 確実に押さえてほしい知識「売れるサイトを作る方法」

「ビジネス・情報」ランキング1位。高い評価を頂戴しているプログラムです。
サイトだけではなく、メルマガなどにも使えるプログラムです。
(infocart 2010/10/28付「ビジネス・情報」ランキング)

20101028ranking1

この内容を用いたサイトで実際に年商2億円の売上を上げた経営者の方にヒアリングをさせていただく機会があった。そちらも読んでほしい。
→ヒアリング内容についてコチラ
→「売れるサイトを作る方法」はコチラ



■ コンサルティングを体験

イノベーションコンサルティングのコンサルティングを体験したい方は
まずはこちらから、ご連絡をお願いします。
「体験コンサルティング」はコチラ



※少しでも参考になった方はこちらのクリックをお願いしたい。内容について不明な点、ご意見などがあれば、メールフォームから連絡をいただきたい。
ブログにて、説明をさせていただきたい。
参考になったら、クリック


現在の当ブログのランキングをご確認ください。
(過去最高順位は下記のとおり)
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)
[ 2011/07/28 12:12 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/927-911c52d6













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。