悪い手を指さない2(復習)~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

悪い手を指さない2(復習)

売上、利益を増大したいあなたへ
ビジネスを数値で徹底検証するダイレクトマーケティングの視点から、売上、利益を増大させる情報を提供する。
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)


悪い手を指さない2(復習)


今、お休みをとられている方も多いと思う。
このブログを読まれている方も通常よりは少ない。


そのような状況で
進めさせていただいている「悪い手を指さない」を
書くべきかは考えてしまうが。。


少し時間が置いてしまったこともあるので
まずは前回の内容を復習したい。


お伝えしてきたのは「悪い手を指さない」ということだった。


この考え方は大山康晴の考え方
大山康晴は公式タイトル獲得数80期(歴代1位)、棋戦優勝44回(歴代1位)、通算1433勝(歴代1位)
十五世名人、永世十段、永世王位、永世棋聖、永世王将の5つの永世称号を保持した、まさに勝負師の中の勝負師だ。
それに、歴史上の最高とも言える兵法書「孫子の兵法」をベースに今回のシリーズはお話をしている。


まずは大山康晴氏の言葉だ。


「良い手を指そうとするよりは、
悪い手を指さないように自戒する。」



実際、失敗した理由。
それは自分が悪い手を指してしまったことが原因のことも多い。
(もちろん、全てではない)


例えば、あなたの大学受験の時のことを想像してほしい。
ある大学に落ちたとしよう。
それは敵(ライバル)のせいなのだろうか?
敵があなたよりも良い点数をとったからなのだろうか?


結論から言えば、そうかもしれない。
でも、実はそうではない面がある。


受験をする以前


本来はその勉強しなければならない時期に必死になって勉強しなければならない。
もっと言うと、正しい方法で勉強しなければならない。


でも、あなた自身がそれをぶち壊すことがある。


例えば、受験勉強中のある時間に「どうしても観たい」と思う海外ドラマが始まるとしよう。(マンガでも良いが)
「少しくらい、良いか」と思い、本来決めていた勉強のスケジュールを破り、海外ドラマを観てしまうようなことがあるのだ。


「悪い手」と分かりきっている海外ドラマを観てしまう。
そして、本来のゴールから遠ざかってしまう。
誰のせいでもない。自分の行動、自分の指し手が自分が望んでいるゴールから遠ざけて行く。


精一杯、努力してライバルに負けたのではない。
自分が悪い手を指して、自分が望むゴールから遠ざかって行く。そして、不合格になる。


もしくは、しっかりと勉強をやっていたとしても、その自分の勉強方法が悪いケースもある。
勉強方法が誤っているのだ。必死にやっても、誤った方向に向かって行く。
そして、不合格になる。
これも同じように「悪い手」を指すことで、自分が望んでいるゴールから遠ざかって行くのだ。


考えてほしい


自分のこれまでの過去の失敗を。
実は自分自身の行動があなたの欲していた目的や目標から遠ざけていることがあるだろう。


敵でもライバルでもない。
それを遠ざけたのは自分
そのようなことがあるのだ。


孫子の兵法では次のようなことを言っている。


「戦争とは国家の大事である。
(国民の)死活がきまるところで、(国家の)存亡のわかれ道であるから、
よくよく熟慮せねばならぬ。」

引用:「孫子」


ビジネスも同じだ。
(特に起業されている方にとってはそうだと思う。)
ビジネスはあなたの大事。
限られたキャッシュや時間や労力の中で
ビジネスの存亡のわかれ道
だから、よくよく熟慮しなければならない。


ご存知のとおり、孫子の兵法では「戦争をすべし」と書かれているわけではない。
むしろ、戦わずして勝つ。
それが最善だと言っているのだ。
そして、仮に戦うとしたら、次のことを意識する必要がある。


「戦いに巧みであった人は、まず(身方を固めて)だれにもうち勝つことのできない態勢を整えたうえで、敵が(弱点をあらわして)だれでもが打ち勝てるような態勢になるのを待った。」
引用:孫子


孫子の兵法にあるこの文章を簡単に言えば、次の2つになる。
1.誰にも負けない態勢を整える。
2.誰でもが勝てる態勢に(敵が)なるのを待つ。


1は自分の態勢を整えること。
2は相手(敵)の態勢のことだ。
そして、まず重要なのは
「誰にも負けない態勢を整える」ことだ。


勝つことではない。負けない態勢をつくる
これこそ、大山康晴氏が言っている
「良い手を指そうとするよりは、悪い手を指さないように自戒する。」と同じだ。


歴史上最高の兵法書である「孫子の兵法」と
勝負師の中の勝負師である「大山康晴」が述べていることは見事なくらい一致する。


でも、ここで疑問があるはずだ。
そう前回はお伝えした。
「悪い手を指さないようにするということは失敗してはいけないということか?」
そう考えるかもしれない。


「負けたない態勢をつくる」というのが、
「失敗しないようにする」もしくは「失敗してはいけない」という風に聞こえるかもしれない。
それについて、今回お伝えしようとしたのだが、少し長くなったので次回にさせていただきたい。



※今回のような記事だけでなく
ネット起業塾ではネットビジネス及び起業に関する内容を動画(ビデオ)で説明している。
「ネット起業塾」の申込みはコチラ(無料)
この起業塾の登録は今なら無料
しかも、全回ビデオがついているので、お勧めだ。



 ネットビジネスでの集客、売上に困っているあなたへ
ネットで起業、ネットで販売、ネットで集客を成功させるマーケティングをマスターする「起業塾」
100億円超の売上を上げてきたネットビジネスの中で特に重要な基礎知識を動画で解説(無料)する「起業塾」

banner5



■ 確実に押さえてほしい知識「売れるサイトを作る方法」

「ビジネス・情報」ランキング1位。高い評価を頂戴しているプログラムです。
サイトだけではなく、メルマガなどにも使えるプログラムです。
(infocart 2010/10/28付「ビジネス・情報」ランキング)

20101028ranking1

この内容を用いたサイトで実際に年商2億円の売上を上げた経営者の方にヒアリングをさせていただく機会があった。そちらも読んでほしい。
→ヒアリング内容についてコチラ
→「売れるサイトを作る方法」はコチラ



■ コンサルティングを体験

イノベーションコンサルティングのコンサルティングを体験したい方は
まずはこちらから、ご連絡をお願いします。
「体験コンサルティング」はコチラ



※少しでも参考になった方はこちらのクリックをお願いしたい。内容について不明な点、ご意見などがあれば、メールフォームから連絡をいただきたい。
ブログにて、説明をさせていただきたい。
参考になったら、クリック


現在の当ブログのランキングをご確認ください。
(過去最高順位は下記のとおり)
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)
[ 2011/08/15 20:23 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/945-c7ba3fc0













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。