スティーブ・ジョブズ 米Apple社 退任~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スティーブ・ジョブズ 米Apple社 退任

売上、利益を増大したいあなたへ
ビジネスを数値で徹底検証するダイレクトマーケティングの視点から、売上、利益を増大させる情報を提供する。
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)


スティーブ・ジョブズ 米Apple社 退任


今回は今お伝えしている「人口予測で仕事を変える」のシリーズを中断させていただき、別の話をしたい。


ご存知のとおり
スティーブ・ジョブズがAppleのCEOを退任
アップルから次の手紙が2011年8月24日に発表された。


「Letter from Steve Jobs
To the Apple Board of Directors and the Apple Community:

I have always said if there ever came a day when I could no longer meet my duties and expectations as Apple’s CEO, I would be the first to let you know. Unfortunately, that day has come.

I hereby resign as CEO of Apple. I would like to serve, if the Board sees fit, as Chairman of the Board, director and Apple employee.

As far as my successor goes, I strongly recommend that we execute our succession plan and name Tim Cook as CEO of Apple.

I believe Apple’s brightest and most innovative days are ahead of it. And I look forward to watching and contributing to its success in a new role.

I have made some of the best friends of my life at Apple, and I thank you all for the many years of being able to work alongside you.

Steve 」


■日本語訳

「スティーブ・ジョブズからの手紙
アップル取締役会とアップル・コミュニティーへ:

アップルのCEOとして、私自身がその職務と期待に応えることができなくなったときには、皆に最初にお伝えするということは、これまで常にお伝えしてきました。残念ですがその日がやってきました。

私はここにアップルのCEOを辞任します。取締役会が適切と判断した場合、私は取締役会長、取締役およびアップルの従業員として従事したいと思います。

私の後継については、我々の事業継承の計画を実行し、ティム・クックをCEOとすることを強く薦めます。

私はアップルが最も輝き革新的である日々がこの先にも待ち受けていると信じています。(私は)新たな役割において、その成功を目にし、貢献することを楽しみにしています。

私はアップルで人生における何人もの最良の友人をつくり、すべての皆さんと共に働けた年月に感謝しています。

スティーブ」



正直、寂しい気分になった


私は小学生の頃から彼とアップルが好きだった。
当時は彼の凄さは分からず、単に米国製のパソコンへの憧れのようなものが強かった。


でも、その後、私が大人になってからは
彼の言葉には幾度となく助けられて来た。


正直、彼は素晴らしいところばかりの人ではない。
ひどい話もある。


でも、それでも彼が好きだし、彼の言葉や考え方に実際助けられてきた。
究極的に言えば、「時間は限られている」のだから、「自分を生きなければいけない」ということ。


だからこそ、「常識にとわれてはいけない」「他人の考えや人生に生きてはいけない」「重要でない無駄なものを排除しなくてはいけない」ということだ。
彼からはそれを教わった。


その彼がCEOを辞任する。


「橋本さん、少し寂しいでしょ」
そのように知人からは連絡があったが、正直そうだ。
少し、寂しい気持ちはある。


よく考えると
彼のことが好きだから、アップルを買ってきたところもある。
アップルの商品は数多く購入させていただいた。


PCは3台
iPodも3台
iPhoneも2台目だ。
(いや、もっとあるのかもしれない。)
Photoshopなどを使う関係もあったが、PCから始まり、ずっと使って来た。


ジョブズへの感謝の気持ちを込め
昨日iMacの注文をさせていただいた。
それを使い、彼に少しでも恥ずかしくない仕事をしていきたいと思う。


私の好きな彼の言葉の一部をご紹介したい


先ほど、お伝えしたとおり
究極的に言えば、「時間は限られている」のだから「自分を生きなければいけない」ということ。
だからこそ、「常識にとわれてはいけない」「他人の考えや人生に生きてはいけない」「重要でない無駄なものを排除しなくてはいけない」ということだ。
次の言葉だ。


「あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない」

「ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから」

「私たちはいつも偉大なアイデアを臆面もなく盗んできた」

「美しい女性を口説こうと思った時、ライバルの男がバラの花を10本贈ったら、君は15本贈るかい? そう思った時点で君の負けだ」

「方向を間違えたり、やりすぎたりしないようにするには、まず『本当は重要でも何でもない』1000のことに『ノー』と言う必要がある」

「盗んだものを驚くほど効率的に配布できるシステムがある。インターネットと呼ばれているシステムだ」

「残りの人生も砂糖水を売ることに費やしたいか、それとも世界を変えるチャンスが欲しいか(ペプシの社長をヘッドハントした時の言葉)」



この言葉だけではないが
彼には本当に感謝をしている。


最後に
このブログでも何度かご紹介させていただいた動画をご紹介する。
2005年6月2日のスタンフォード大学卒業式のものだ。
上の動画から観てほしい。








※少しでも参考になった方はこちらのクリックをお願いしたい。内容について不明な点、ご意見などがあれば、メールフォームから連絡をいただきたい。
ブログにて、説明をさせていただきたい。
参考になったら、クリック


※今回のような記事だけでなく
ネット起業塾ではネットビジネス及び起業に関する内容を動画(ビデオ)で説明している。
「ネット起業塾」の申込みはコチラ(無料)
この起業塾の登録は今なら無料
しかも、全回ビデオがついているので、お勧めだ。



 ネットビジネスでの集客、売上に困っているあなたへ
ネットで起業、ネットで販売、ネットで集客を成功させるマーケティングをマスターする「起業塾」
100億円超の売上を上げてきたネットビジネスの中で特に重要な基礎知識を動画で解説(無料)する「起業塾」

banner5



■ 確実に押さえてほしい知識「売れるサイトを作る方法」

「ビジネス・情報」ランキング1位。高い評価を頂戴しているプログラムです。
サイトだけではなく、メルマガなどにも使えるプログラムです。
(infocart 2010/10/28付「ビジネス・情報」ランキング)

20101028ranking1

この内容を用いたサイトで実際に年商2億円の売上を上げた経営者の方にヒアリングをさせていただく機会があった。そちらも読んでほしい。
→ヒアリング内容についてコチラ
→「売れるサイトを作る方法」はコチラ



■ コンサルティングを体験

イノベーションコンサルティングのコンサルティングを体験したい方は
まずはこちらから、ご連絡をお願いします。
「体験コンサルティング」はコチラ



現在の当ブログのランキングをご確認ください。
(過去最高順位は下記のとおり)
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
[ 2011/08/26 12:51 ] 人物 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/956-6bedef33













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。