空前絶後の世界帝国とは~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

空前絶後の世界帝国とは

blogcopy1




「空前絶後の世界帝国とは」


2011年9月7日に書かせていただいたブログの記事
そこでは「ローマ人の物語」の話をさせていただいた。
ビジネスをやっている方であれば、読んでいる方も少なくないと思う。


長期に渡って空前絶後の世界帝国を築き上げたローマ


現在の米国どころではない。
ローマは千年にも渡り、地球上で初めて「世界国家」を実現させたのだ。


千年だ。


今から千年前。
日本は平安時代。
紫式部が源氏物語を書き始めたのが1001年以降。1011年に完成したのだからその辺り。


世界で言えば、
1096年 第1回 十字軍遠征などが始まる。


1000年を実感していただくとすれば
その時代から、今まで1つの帝国があったということだ。
凄まじいことだ。


「でも、ローマの話がビジネスの役には立たない」


そう思う方もいるだろう。
確かにローマは企業ではない。


でも、国家というもっと大きなもの
それがどのようにそう巨大に成長し
存続し続けたのか?
そう考えると学ぶべき点は多い。


ローマがあった時代の日本


日本は縄文時代、弥生時代の時だ。
その時代にローマは高度な文明を築き上げた。


もちろん、電気やガスはない。
でも、現代と比べて遜色のない暮らしをしていたのだ。
圧倒的な建築物
整備された道路網。
演劇などの文化においてもだ。


ここで特に素晴らしい点を1つご紹介しよう。
それは


「寛容」


「ローマ人の物語」の著者の塩野七生はそう語る。
隆盛の鍵はまさに敗者への「寛容」にあったと。


「パクス・ロマーナ」


つまり、ローマによって平和がもたらされた時期
広大な、ヨーロッパ、中近東、北アフリカの地域に200年もの間、戦争が起こらなかった。
200年の間だ。


でも、驚くべきところはそこではない。
ローマに負けたとしても、その属州の多くは自治が認められたのだ。


それだけではない。
皇帝の出身地さえも、ローマ本国だけではない。
属州のガリアなどもいたのだ。
つまり、属州出身の人物でも皇帝と成りえた。


まさに「寛容」だった。
現代でも、それだけのことを成し遂げるのは難しい。


ローマでは「自分たちは正しいとしても、他の人が間違っているわけではない」と考えていた。
勝者の権利を強烈にふりかざすことはなかったのだから、そうなのだろう。


さまざまな宗教、肌の色などが違う人々が一緒に暮らす共同体だったのだ。


法律
税制
軍備
公共施設など。
様々なものが築かれてきたのだ。


「さまざまな宗教、肌の色」


現代で言えば、それはまさに米国だ。
人種の違い、民族の違い。
それを世界のどこよりも受け入れたのは米国と言えるだろう。
(それがここ数日書かせていただいている「人口ピラミッド」の問題でも利益を生んでいるのだ)


そう考えると、歴史は繰り返す。
その歴史がローマを知ることで学べるのだ。
だからこそ、私はこの本を何度となく読んでいる。


だが、ローマ帝国は徐々に変化していく。
「一神教のキリスト教が政治に浸透するにつれ、ローマらしさ」が薄れていくと著者 塩野七生は言う。
「様々な宗教、肌の色、様々な考え」を受け入れる国ではなくなっていくのだ。


いずれにせよ。
空前絶後の世界帝国


この世界帝国、最大の敵と言われた人物がいる。
それを次回お話ししたい。



blogcopy2


※今回のような記事だけでなく
ネット起業塾ではネットビジネス及び起業に関する内容を動画(ビデオ)で説明している。
「ネット起業塾」の申込みはコチラ(無料)
この起業塾の登録は今なら無料
しかも、全回ビデオがついているので、お勧めだ。



 ネットビジネスでの集客、売上に困っているあなたへ
ネットで起業、ネットで販売、ネットで集客を成功させるマーケティングをマスターする「起業塾」
100億円超の売上を上げてきたネットビジネスの中で特に重要な基礎知識を動画で解説(無料)する「起業塾」

banner5



■ 確実に押さえてほしい知識「売れるサイトを作る方法」

「ビジネス・情報」ランキング1位。高い評価を頂戴しているプログラムです。
サイトだけではなく、メルマガなどにも使えるプログラムです。
(infocart 2010/10/28付「ビジネス・情報」ランキング)

20101028ranking1

この内容を用いたサイトで実際に年商2億円の売上を上げた経営者の方にヒアリングをさせていただく機会があった。そちらも読んでほしい。
→ヒアリング内容についてコチラ
→「売れるサイトを作る方法」はコチラ



■ コンサルティングを体験

イノベーションコンサルティングのコンサルティングを体験したい方は
まずはこちらから、ご連絡をお願いします。
「体験コンサルティング」はコチラ



現在の当ブログのランキングをご確認ください。
(過去最高順位は下記のとおり)
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
[ 2011/09/10 23:08 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/971-82481023













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。