人口予測で仕事を変える 15(Ver.2)~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人口予測で仕事を変える 15(Ver.2)

blogcopy1




「人口予測で仕事を変える 15(Ver.2)」


30代後半から40歳近辺。
多くの消費人口がいるその年齢層は20年後激減する。
60%くらいだ。
※2010年の人口ピラミッドはコチラ


その年齢層を対象とするビジネスは
今のままではリスクが大きい。


それに対して、20年後の55‐85歳は日本の人口の大半になる。
当然、その高齢者などを狙えばそこには多くの人がいる。
※2030年の人口ピラミッドはコチラ


これは正論だ。
確かに1つの方法
私もここは狙うべき1つの道だと考えている。


でも、注意してほしいことがある


現状、多くの企業はここを狙い、敗れている。
そう甘くないのが現状だ。
今回はそれを説明していきたい。


人口が減少し、市場が縮小する日本
その中で高齢者のマーケットは拡大していく。


予測が大きくブレることはない。
既に生まれている人なのだ。
この人口の予測は大きくはブレない。
(もちろん、米国のように移民を受け入れる状況になれば別だが、
少なくとも現状のままでは予測どおりとなる)


だからこそ、
成長する高齢者マーケットを狙うのは1つの方法だ。


しかし、「高齢者マーケットを狙えばOK」などと甘く見ないでほしいのだ。
それほど、簡単ではない。


「高齢化社会」
「高齢者はお金を持っている」



というようなよくメディアに出てくるような言葉を安易に受け止め、そこを狙い、商品を開発し、展開している企業は少なくない。
保険会社などでは介護保険などを販売しているし、
通販で言えば、通販会社も高齢者向けの商品を販売しようとしてきた。
大手通販会社だって、そのためのカタログなどを展開しようとする。
しかし、成功とは言い難い。


その理由は?


これには2つの問題がある。


1つが企業側の問題だ。
今回、その企業側の問題の話をしていきたい。


一言でその問題を説明すると


売り手と買い手が違う


これが原因だ。
例えば、70代向けの商品を開発するとしよう。
その商品を開発し、プロモーションを進めていく人間は誰か?


70代ではない


70代の本当の気持ちなど分からない人間が対応することになるのだ。


そもそも、
あなたの会社に70代の方はいるだろうか?


多くの企業にはいない。
会社にもいないのだ。
「70代の方のための商品を作ろう」と言っている人は20代だったり、30代だったりする。
また、その年齢に比較的近い50代の方は、経営層や管理職であり、実務には携わらないことも多い。


つまり、60代や70代の気持ちをほとんど理解しない人間がやっているのだ。


30代の人間が
「70代はお金を持っているし、人口が多くなる。だから、それを狙おう」とビジネスをやっても、「そうはうまくいかない」ことは容易に想像がつくはずだ。


単に「高齢者マーケットは有望だ」と思って、販売しようとしている。


下手をすると、70代の方のリサーチもせずに商品を開発することだってあるだろう。
しかし、それではうまく行くわけがない。
70代の方の気持ちが分からないのだ。


これまでは買い手のことが分からなくても
売れることもあったのだろう



20代、30代、40代の方向けの商品はリサーチしなくても売れることがある。
それは売り手である企業側の人間と買い手が同じ年齢層だったりすることもその一因だ。


完全には一致しなくても、大きくかい離することはない。
極端な話。
売り手の作りたいものを作ることでも、買い手の共感を得ることが可能なのだ。
それは買い手も売り手も同じように20代だったり、30代だったり、40代だったりするためだろう。
ある程度、共感できるのだ。


それと同じように高齢者マーケットを狙うのは無理がある。


ただ、誤解しないでほしい


30代の方が70代の方にモノを売ることができないと言っているわけではない。
自分たちは「顧客とは違う」ということを強く認識し、今までのリサーチや分析以上に徹底的にやることだ。


その顧客の痛みがどこにあるのか?
その顧客の快楽がどこにあるのか?
それを真摯に知ろうと努力することができる方がやれば、対応する術はある。
(マーケティングのセンスは必要になるが・・・)
ただ、問題点を理解し、売り手と買い手のギャップが大きいということを理解して、対応することが必要になる。


そして、買い手にも問題があるのだ。
次回、買い手である「高齢者」の問題を伝えていきたい。


blogcopy2


※今回のような記事だけでなく
ネット起業塾ではネットビジネス及び起業に関する内容を動画(ビデオ)で説明している。
「ネット起業塾」の申込みはコチラ(無料)
この起業塾の登録は今なら無料
しかも、全回ビデオがついているので、お勧めだ。



 ネットビジネスでの集客、売上に困っているあなたへ
ネットで起業、ネットで販売、ネットで集客を成功させるマーケティングをマスターする「起業塾」
100億円超の売上を上げてきたネットビジネスの中で特に重要な基礎知識を動画で解説(無料)する「起業塾」

banner5



■ 確実に押さえてほしい知識「売れるサイトを作る方法」

「ビジネス・情報」ランキング1位。高い評価を頂戴しているプログラムです。
サイトだけではなく、メルマガなどにも使えるプログラムです。
(infocart 2010/10/28付「ビジネス・情報」ランキング)

20101028ranking1

この内容を用いたサイトで実際に年商2億円の売上を上げた経営者の方にヒアリングをさせていただく機会があった。そちらも読んでほしい。
→ヒアリング内容についてコチラ
→「売れるサイトを作る方法」はコチラ



■ コンサルティングを体験

イノベーションコンサルティングのコンサルティングを体験したい方は
まずはこちらから、ご連絡をお願いします。
「体験コンサルティング」はコチラ



現在の当ブログのランキングをご確認ください。
(過去最高順位は下記のとおり)
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
[ 2011/09/12 10:46 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/974-735dc1e1













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。