人口予測で仕事を変える 27(Ver.2)~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人口予測で仕事を変える 27(Ver.2)

blogcopy1


「人口予測で仕事を変える 27(Ver.2)」


「世帯から有望な市場を探る」


2015年までは世帯数は伸びる。
しかし、そこまでだ。
2015年をピークに減少する。
人口減に続き、世帯数減が始まる。


人口に紐づくビジネスだけではないのだ。
そこからは世帯に紐づくビジネスも厳しくなる。
そう前回はお伝えした。


私が関わったある商品も同様だった


その商品はこれまで非常に成功してきた。
でも、将来は甘くない。
ターゲットの年齢層は将来40%くらい減る。
さらに、世帯も変化する。
それを見据え、プロモーションの方向転換をしていく必要が間違いなくある。


その商品だけではない。
人口減、世帯減、高齢化、と日本は初めて経験していくことになる。
これまで説明してきたとおり、国内では過去の多くの成功体験は通用しなくなる。


ある男の話をしたい


その男は、私の知人であるが、本人の名誉もあるので少しぼかして説明する。
(別に怒らないタイプの人間だが)


彼は独身時代はとにかくよくお金を使った。
高級車に乗り、
毎晩のように飲み歩き、
夜中まで騒いでいた。


その男と飲みに付き合うと、「いつ俺は家に帰れるんだろう」と思ったものだ。
それくらい、彼は毎晩夜遅くまで遊んでいた。
その頃の彼はまっすぐ自宅に帰ったことはないと思う。
必ず、仕事を終えた後に飲み歩くのだ。


しかし、


その彼が変わった


彼は結婚した。
つまらないことに、彼は落ち着いた。
仕事を終えるとすぐに家に帰るようになり、お金の使い方も地味になった。


さらに、


子供が産まれた。
すると、ビックリするくらい落ち着いた人になった。
もはや、以前の彼は「どこに行ってしまったのか?」という感じだ。


彼は「こづかい」でやりくりしていたようだった。
以前は「俺についてこい!」みたいなヤツだったのだが、彼は「妻についていきます」という感じだった。
笑い話にしてしまっているが、ほぼ真実だ。


これを読んでいる方も同じ風に思うかもしれない。
結婚したら、独身の時とは違う。
子供が生まれたら、夫婦だけの時とは違う。
さらに、退職したら、会社員の時とは違う。
ごく自然にそのように思う。


そう思うはずなのに、世帯の変化や年齢の変化で購買行動が変わると言うと、「そうかな?」と思う方がいる。
高齢者になっても若者と同じように洋服なども買うはずだと。
自分自身は結婚して、独身の時と購買行動が変わっていてもだ。


世帯の変化は強烈に人の購買行動に影響を与える


あなたも分かるはずだ。
結婚したら、独身のようには行かない。
(私は結婚しても変わらないらしいが、通常はそうだ)


だからこそ、押さえてほしいのが将来の世帯だ。
国内の世帯はどのように変化するのか?
これを把握しなければならない。


それでは説明していきたい。
2008年(平成20年)3月推計の国立社会保障・人口問題研究所をベースにして考えると「家族類型別世帯数」は次のとおりとなる。


単独世帯 
2005年   1446
2030年   1824
⇒126.1%。つまり、26.1%増


夫婦のみの世帯
2005年   964
2030年   939
⇒97.4%。つまり、2.6%減


夫婦と子から成る世帯
2005年   1465
2030年 1070
⇒73.0%。つまり、27.0%減


ひとり親と子から成る世帯
2005年   411
2030年   503
⇒122.4%。つまり、22.4%増



まず、押さえてほしいこと。
それは単独世帯だ。


2030年の日本は単独世帯が主流だ


全世帯の37.4%が単独世帯となる。


37.4%だ。


10世帯あったら、ほぼ4世帯は単独世帯なのだ。
恐ろしいことだ。


単独世帯というのは「単身世帯」のこと。
つまり、世帯員が1人だけの世帯
この単独世帯が巨大なマーケットになる。


今でも、「おひとりさま」マーケットと言われているが、まだまだ真剣にこの市場を考えている企業は少ないだろう。
しかし、19年後は10世帯中4世帯がこの世帯だ。
今現在からそこに向かっていく。
非常に有望な成長していくマーケットなのだ。


増加するのは、この「単独世帯」と「ひとり親と子から成る世帯」だ。


「ひとり親と子から成る世帯」を狙っていると私の知人の経営者の方は言っていたが、ただそこは全体の10%くらいだ。成長市場ではあるが、規模は大きくない。
しかも、そこにプロモーションを仕掛けるのはそう簡単ではないだろう。


そして、「単独世帯」の次に押さえてほしいのが


「夫婦と子から成る世帯」だ


いわゆる「家族」というとイメージする世帯だろう。


この世帯が激減する。
27.0%減だ。
いわゆる「家族」という世帯が多数ではなくなるのだ。


実際、「夫婦のみの世帯」とほぼ同じ数になるのだ。


「単独世帯」と「夫婦のみの世帯」は子供のいない世帯だ


少子高齢化だから当然のことだが、その2つで56.6%だ。
半分以上が子供のいない世帯となる。


少子高齢化だから、当然のことだが、子供のいない世帯ばかりになる。
そして、日本の代表的な世帯は約4割の「単独世帯」だ。


「単独世帯」は狙い目だ


人口も減少し、世帯も減少する中でも「単独世帯」は増える。
しかも、その世帯が日本の主流になる。
4割になるのは19年後だが、10年後にはそれが主流になってくるだろう。


逆に子供のいる世帯に対するビジネスをやっている方は何らかの対策が必要だ。
それは従来のビジネスの価値観であり、将来はそのような世帯は減少していくのだから。


blogcopy2


※今回のような記事だけでなく
ネット起業塾ではネットビジネス及び起業に関する内容を動画(ビデオ)で説明している。
「ネット起業塾」の申込みはコチラ(無料)
この起業塾の登録は今なら無料
しかも、全回ビデオがついているので、お勧めだ。



 ネットビジネスでの集客、売上に困っているあなたへ
ネットで起業、ネットで販売、ネットで集客を成功させるマーケティングをマスターする「起業塾」
100億円超の売上を上げてきたネットビジネスの中で特に重要な基礎知識を動画で解説(無料)する「起業塾」

banner5



■ 確実に押さえてほしい知識「売れるサイトを作る方法」

「ビジネス・情報」ランキング1位。高い評価を頂戴しているプログラムです。
サイトだけではなく、メルマガなどにも使えるプログラムです。
(infocart 2010/10/28付「ビジネス・情報」ランキング)

20101028ranking1

この内容を用いたサイトで実際に年商2億円の売上を上げた経営者の方にヒアリングをさせていただく機会があった。そちらも読んでほしい。
→ヒアリング内容についてコチラ
→「売れるサイトを作る方法」はコチラ



■ コンサルティングを体験

イノベーションコンサルティングのコンサルティングを体験したい方は
まずはこちらから、ご連絡をお願いします。
「体験コンサルティング」はコチラ



現在の当ブログのランキングをご確認ください。
(過去最高順位は下記のとおり)
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
[ 2011/09/30 13:16 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/994-7ea84488













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。