人口予測で仕事を変える 最終回(Ver.2)~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人口予測で仕事を変える 最終回(Ver.2)

blogcopy1


「人口予測で仕事を変える 最終回」


「今回で最終回、そして29回目」


このシリーズも今回で最終回。回数にして29回目。約1ヶ月だ。


正直、内容については若干悲観的な見方も含まれている。
「できるだけ楽観的なことを考えたい」という方にとってはやや不快な内容だったかもしれない。
それでも、今回のシリーズの内容は大切な読者の方にお伝えしたいことだった。


この人口の問題は本当に伝えたかった


人口を把握することで時代の流れ、方向性をつかむことが可能になる。
「過去成功していたビジネスが何故失敗するようになったか?」
それも読み解ける機会が増える。
ぜひ、人口ピラミッドといくつかのビジネスを見比べて欲しい。
驚くほど、それができるようになっていると感じていただけると思う。


「時代の流れを読むことができる」


もちろん、詳細な予測などできない。
でも、方向性を予測できる。
むしろ、変に目先のニュースなどに振り回されなくなり、正しい方向性が見えてくる。


試しに考えてほしい


2000年の頃、日本は団塊ジュニアは20代後半あたり。
20代後半の人口が多かった。
それが19年後の2030年になると、50代後半になるのだ。
団塊の世代、団塊ジュニアの世代を合わせると人口の大半が60歳手前から85歳あたりになるのだ。


その2030年
60手前から85歳あたりの人口が多くなった時に、例えば携帯ゲームはこれまでと同じように売れるだろうか?


私は「まず売れない」と確信している。
もちろん、ゲームをやる人はいるだろう。
ゲーム好きはまだまだいるだろう。
しかし、2000年の頃のように20代後半の人口が多かったころとは違う。


60歳手前から85歳のあたりが多い国になっているのだ。
目は老眼になっている。
ゲームをやっていても、目が疲れる。
以前のような反射神経でもなく、ゲームをやっていると疲れる。
また、人によっては「残された人生の貴重な時間を潰すようなゲームに費やしたくない」という方もいるかもしれない。(もちろん、20代の時と同じように時間は溢れるようにあると思って生活する方もいるだろうが)
それにそもそも飽きるのだ。
10代からやっているとしたら、60代だと「ゲーム歴50年」だ。そのようになる前に物事に人は飽きてくる。
携帯ゲーム機だろうが、スマホだろうが、長期的に見れば、そこに向かう。


それに高齢者のニーズは「健康」と「お金」だ。
収入がない方も多く、年金だって少ない。
今の40代などの方だ、多くの方は貯蓄だってない。
「どうやってやりくりをしようか?」と考えている時にゲームなど買っている場合ではない。


人口減に加え、高齢化。
当然、ゲーム市場は縮小する。


国内の話ではあるが、海外の先進国の多くも高齢化が進む。
同じようにゲーム市場は縮小するだろう。
(勝負は途上国だ。そこも以前ご説明したとおり、課題はある)


国内市場が縮小するのはほぼ予測できる。
ぜひ、19年後、この記事を読みなおしてほしい。
日本のゲーム市場についても確認してほしい。かなりの確率で当たっているはずだ。
(細かいことを予測することはできないが、大きな方向性を予測することはできるのだ)


今回でこのシリーズは終了だ


少しまとめたいと思う。


まず、何よりも押さえていただきたいこと、それは「人口減」だ。
「人口減」が市場縮小を引き起こす。


そして「超高齢化」
19年後の2030年には55-85歳が中心だ。
日本の主流の年齢が55-85歳になる世界で、あなたは何を売っているのか?
それを考えなくてはならない。


19年後というと随分と先に感じるかもしれない。
しかし、10年後は目の前にある。
10年後は45-75歳あたりが非常に多い国になるのだ。
19年後に向かって、大きな変化をしていく。


さらに「世帯」の変化だ。
世帯は単独世帯が中心の世の中になる。
「おひとりさま」がニッチではなく、主流となる。
「人口減」という市場が縮小する中で、「高齢者」市場と「単独世帯」は成長市場となる。


それに国内以外の話をすれば、「海外」だ。
海外については問題点を説明をしたが、可能性はある。
海外展開を検討されるのであれば、その問題点を潰しこみ、展開を検討していくべきだ。


これが基本だ。


最後にお伝えしたいことがある。


2つの重要なこと


ぜひあなたに意識していただきたいことが2つある。


1つが

「成長市場」を探すことに貪欲になってほしいということだ


「高齢者」市場や「単独世帯」、「海外」だけでない。


詳細に見れば、人口減少する中、成長する市場は間違いなく存在する。
今、ある多くの企業は2030年の超高齢化社会のニーズを満たしてはいない。
当然だ。今はまだ消費の主流が高齢者中心にはなっていないからだ。


でも、その超高齢化社会では新しいニーズがいくつも生まれるのだ。
それを探してほしい。


ちなみに、どのような業界にも関係するのがネット市場だ。
(市場というよりはプロモーションという切り口だが・・・)
リアルからネットに移行していくことは間違いない。
※ここは説明を割愛するが、競争は激化する。


ブロードバンドの利用者はそれほど伸びなくなってはいるが、移行は間違いない。
それに、この市場こそ、将来の高齢者市場につながるだろう。
何故なら、現在の60歳や70歳とは違うからだ。
ネットを利用してきた人々が60歳、70歳、80歳になっているのだ。
当然、ネットを使うことはできる高齢者になる。


もう1つが「差別化」だ


多くの市場は縮小する。
あなたの市場も縮小するのかもしれない。


多くの市場が縮小する方向にあるからこそ、売上や利益を伸ばすために「差別化」を追究する必要がある。
市場が縮小する中、シェアを伸ばさなければ売上減だ。
それに打ち勝つための「差別化」を最大限実現させることだ。
なぜ、他社の商品ではなく、あなたの商品を買わなくてはならないという理由を提示していくことだ。


「人口減」「高齢化」という状況の中で日本全体が厳しくなることは避けられないと思う。
だが、そこで打ち勝つ方法は確実にある。
今回の内容を少しでも参考にしていただければ幸いだ。


blogcopy2


※今回のような記事だけでなく
ネット起業塾ではネットビジネス及び起業に関する内容を動画(ビデオ)で説明している。
「ネット起業塾」の申込みはコチラ(無料)
この起業塾の登録は今なら無料
しかも、全回ビデオがついているので、お勧めだ。



 ネットビジネスでの集客、売上に困っているあなたへ
ネットで起業、ネットで販売、ネットで集客を成功させるマーケティングをマスターする「起業塾」
100億円超の売上を上げてきたネットビジネスの中で特に重要な基礎知識を動画で解説(無料)する「起業塾」

banner5



■ 確実に押さえてほしい知識「売れるサイトを作る方法」

「ビジネス・情報」ランキング1位。高い評価を頂戴しているプログラムです。
サイトだけではなく、メルマガなどにも使えるプログラムです。
(infocart 2010/10/28付「ビジネス・情報」ランキング)

20101028ranking1

この内容を用いたサイトで実際に年商2億円の売上を上げた経営者の方にヒアリングをさせていただく機会があった。そちらも読んでほしい。
→ヒアリング内容についてコチラ
→「売れるサイトを作る方法」はコチラ



■ コンサルティングを体験

イノベーションコンサルティングのコンサルティングを体験したい方は
まずはこちらから、ご連絡をお願いします。
「体験コンサルティング」はコチラ



現在の当ブログのランキングをご確認ください。
(過去最高順位は下記のとおり)
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
[ 2011/10/04 12:36 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/998-72010a30













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。